QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

武井宏之『機巧童子ULTIMO』第5巻 一言感想

ultimo05_dis_a.jpg
 
今巻も色々と"クソヤベエ"わけですが…、
 
ultimo05_0001a.jpg

 

ジェラス、ヤンデレから乙女にクラスチェンジ。

 
ultimo05_0002a.jpg

 

ルネさん、大和くん喰う気満々っすね。
 
5巻も凄かったDEATHね…。
 
Category | マンガレビュー
   22:53 | Trackback:0 | Comment:4 | 
 
 
 
 
 

寒いので南国マンガを読もう 竹本泉「日々にパノラマ」

何か急に寒くなったような。
10月も終わりのころになって、秋も本格的。というかそろそろ冬の準備?というくらいには気温が下がってきた東京です。
こう気温が下がってくると、暖かい部屋、暖かい食べ物、そして暖かい漫画なんかが恋しくなりますね。というわけで、書店に行ったら竹本泉の「日々にパノラマ」第2巻が出てたので1巻といっしょに買って帰る。
 

nitiniti0102_0001a.jpg  nitiniti0102_0001b.jpg

 
内容はいつも通りの竹本泉なんだけど、やっぱりそれがいいというか何というか。
ゆる~いファンタジー成分と日常成分が、混じり合った独特の世界観は相変わらずなんだけど、不思議と何度も読み返してしまうんだよなー。
「面白い!」というのともちょっと違う(いや面白いんだけど)、何か読んでると落ち着く(?)ような感じ。
今作の舞台は火山島で常夏の日常、ということもあり、こんな寒い夜に読むには逆にうってつけかもしれない。
 

nitiniti0102_0004a.jpg

 
それにしても竹本泉マンガに出てくる女の子はみんな可愛いなあ。
特に主人公(メインヒロイン)の智尋はショートカットのそばかすボーイッシュ娘、というあざとさで、もう何というか死ぬほど可愛くて困る。
なんでこんなに可愛いんだ智尋。
 

nitiniti0102_0003a.jpg

 
そして対となるもうひとりの裏主人公(サブヒロイン)の深海ちゃんは、竹本センセーお得意のクセッ毛ほんわかよく糸目状態になる、というあざとさでもう読んでて死ぬかと思うほど可愛くて困る。
なんでこんなに和むんだ深海。
 

nitiniti0102_0006a.jpg

 
新刊の2巻では新キャラ、みらいちゃんも登場。
結果として拡大していく洋太さんのハーレムっぷりが眩しくてたまらないが、智尋に新しいビキニを披露されて、「色っぽい?」とばば~んとアピールされてるにも関わらず「まあまあ」と流す辺り洋太さんは最高にクールな人だな、と思いました。なにこの勝ち組。
  
単行本には書き下ろしカラーも載ってて嬉しい。竹本泉のカラーワークはやはりいいのう…。
 
竹本ワールド全開の南国描写がたまらない作品。
こんな外が寒いときは、竹本泉とウィスキーでやり過ごすにかぎる。

 
Category | マンガレビュー
   21:53 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

ヨシノサツキ「ばらかもん」第3巻感想 半田先生のライバル兼ストーカー兼マニア兼邪悪な何かの神崎くん登場

barakamon03_0001a.jpg
 
ばらかもん、待望の第3巻! やっぱりおもしろすぎるぞばらかもん!
今巻は半田マニアの神崎くんが来襲。
  
barakamon03_0003a.jpg  
 
カワイイ顔して天然サドとか… 。
対半田清舟の最終兵器すぎる…。
 
barakamon03_0004a.jpg
 
大変だ。先生がまた大変だ。

(以下ネタバレあり。注意)
 
Category | マンガレビュー
   23:11 | Trackback:0 | Comment:2 | 
 
 
 
 
 

孤独のグルメ新作 「東京都品川区東大井の冷やし中華とラーメン」 感想

kodoku_higasiooi_0001a.jpg
 
9/28発売のSPA!で孤独のグルメ最新作。
何やら商談に失敗した風のゴローちゃん、東大井で小腹を空かす。
 
kodoku_higasiooi_0003c.jpg
 
店の独特の言い回しにゴローちゃん、商談の失敗も忘れて「あはっ」とウキウキ。
まあ本当にオモシロいのはゴローちゃんの方なんですけどね。
  
(以下ネタバレあり。注意)
 
Category | マンガレビュー
   16:50 | Trackback:0 | Comment:3 | 
 
 
 
 
 

視線の先は、『まだ見ぬ世界』 芦奈野ひとし「カブのイサキ」第3巻感想

kabu_isaki03_0001a.jpg
 
イサキ、富士山を目指す。
大きな世界の、小さな飛行機。
地面が10倍に広がったこの世界では、富士山の標高はなんと約3万7千メートル(!)。 
 
kabu_isaki03_0003a.jpg
 
あまりに大きすぎる富士山に、冒険心を刺激されていてもたっていられなくなったイサキは、ついに富士山を目指して飛ぶ!  
 
お手元に地図帳を用意して、神奈川の地理なんかツラツラ眺めながら読んでいけば楽しすぎる空想旅行。
飛行機好き、旅好き、芦奈野ひとし漫画好きにももちろんおすすめできる漫画なんですが、実は地図好きにもたまらない漫画だったり…。
  
kabu_isaki03_0007a.jpg
 
横須賀の長井から、霊峰富士山へ。
車でドライブなら半日ほどの距離も、10倍に広がったこの世界では時速180kmで飛ぶ往年の名機パイパー・カブで2~3日の小旅行。
イサキの気楽な一人旅な感じで始まった気もするこの旅も、後方約100kmで怪しげな動きをする女の子2名により、一筋縄では済まない予感が舞い上がる。
 
(以下ネタバレあり。注意)
 
Category | マンガレビュー
   23:50 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。