QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

視線の先は、『まだ見ぬ世界』 芦奈野ひとし「カブのイサキ」第3巻感想

kabu_isaki03_0001a.jpg
 
イサキ、富士山を目指す。
大きな世界の、小さな飛行機。
地面が10倍に広がったこの世界では、富士山の標高はなんと約3万7千メートル(!)。 
 
kabu_isaki03_0003a.jpg
 
あまりに大きすぎる富士山に、冒険心を刺激されていてもたっていられなくなったイサキは、ついに富士山を目指して飛ぶ!  
 
お手元に地図帳を用意して、神奈川の地理なんかツラツラ眺めながら読んでいけば楽しすぎる空想旅行。
飛行機好き、旅好き、芦奈野ひとし漫画好きにももちろんおすすめできる漫画なんですが、実は地図好きにもたまらない漫画だったり…。
  
kabu_isaki03_0007a.jpg
 
横須賀の長井から、霊峰富士山へ。
車でドライブなら半日ほどの距離も、10倍に広がったこの世界では時速180kmで飛ぶ往年の名機パイパー・カブで2~3日の小旅行。
イサキの気楽な一人旅な感じで始まった気もするこの旅も、後方約100kmで怪しげな動きをする女の子2名により、一筋縄では済まない予感が舞い上がる。
 
(以下ネタバレあり。注意)
というわけで「カブのイサキ」第3巻。
まずは2巻の、あの後の話から。
 
kabu_isaki03_0002a.jpg
 
イサキさん、ざんねんでした!w
というわけで、イサキ、サヨリの部屋には泊まらず! まあ分かってたけどさ(笑)
でも2巻の終わり方が何やらイイ雰囲気だったもんで、もしかしたら…の気持ちもあったわけさw 
 
 
3巻のメインとなるのは「富士山への旅」。
それを決意するのがシロさんのお使いで行った鋸山(これがまた凄い。垂直1000mの崖って)での眺めな訳だけど、朝の描写とあいまって、イサキの感動が胸を打つほど伝わってくるのがいい。
 
kabu_isaki03_0003b.jpg 
 
kabu_isaki03_0004a.jpg
 
シロさんの視線と、イサキの視線は同じく富士山へと向けられているんだけど、たぶん見ている光景は違う。
シロさんがイサキを鋸山に行かせたのは、この富士山を自分の目で見させるためのような気がするし、その場合冒険したがりのイサキがどういう決意を抱くかも予測できるだろう。
1巻からそうだが、シロさんはイサキに事あるごとに、この広い世界を体験させようとしている。
 
多分だけど、シロさんは昔、富士山を目指して飛んだことがあるのだろう。
そこで何かを得たのかもしれない。そんなことを思わせるぐらい、シロさんの富士山をみる表情は優しく切ない。
 
 
kabu_isaki03_0012a.jpg
 
横須賀から富士山まで何も考えず一直線に飛ぶと、当然、箱根にぶち当たる訳だが、そこは流石「カブのイサキ」ワールド。
明神ヶ岳が、標高1万メートル越えの、まさかのエベレストよりも高い(笑)ということになってるわけですね。そりゃカブじゃ無理ですよねー。
 
kabu_isaki03_0008a.jpg
 
ルート的に、国府津を過ぎて小田原まで行ったら、酒匂川(これもデカくなってんだろうなあ)を遡上して、河沿いに進み御殿場まで、って感じかな。
とりあえず今巻では国府津SAまで到着。焼そば食ってたけど、富士宮やきそばだろうか。まだ遠いか(笑)
 
kabu_isaki03_0006a.jpg
 
ヨソ行きモードのサヨリちゃん、可愛い!
3巻はサヨリとカジカがファーストコンタクト。
カジカの方はサヨリの姿を知ってるけど、ちゃんと会うのはこれが最初か。それにしてもカジカが「お兄ちゃんの彼女に何となくモヤモヤしてチョッカイかける妹」に見えるのは俺だけだろうか(笑)
 
kabu_isaki03_0009a.jpg
 
カジカって多分イサキのことは好きだろうけど、それが家族愛的なものなのか、あるいは異性として好きなのかってのが多分まだ自分の中でも判別できてないと思うんですよねー。
でも、サヨリもカジカも飛行機好きだし、打ち解けてみればすごく仲の良い友達になりそう。
 
富士山を目指すイサキを追いかけて、サヨリとカジカも一路、空の旅へ。
前途は多難そうです。 
 
それにしても相変わらず、ここは色々とダイナミック。
 
kabu_isaki03_0010a.jpg
 
30cm大の雹と、特大の雷が雨あられと降り注ぐ”夕立”。
やっぱスケールでけえわ、ここの日本は(笑)
 
kabu_isaki03_0011a.jpg
 
飛行機から見下ろしたり、立ちすくみながら眺めたりする、広大な平野の描写が、ここの世界の自由さを感じさせてくれて好き。
次巻も富士山への旅は続く。
今巻もすごくよかった! 
次も楽しみに、今までの巻を読み返しながら待ってようと思います。
3巻まで出ると、まとめ読みもボリュームが出ていいなあ(笑)
満足!
 
Category | マンガレビュー
   23:50 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/818-d437bd37
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。