QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

アニメ「四畳半神話大系」感想 素晴らしい最終回だった。本当に、良かった。

yojouhan_12_02.jpg
 
小津は、たった一人の私の親友らしかった。
 
からもうグッときてしまって、「小津!小津!」と叫びながら駆け抜けるシーンで涙腺決壊。
ついでになぜか服が脱げて全裸になった「私」が、花火の光の中をスローモーションで跳躍していく姿で腹筋も崩壊。
なんちゅうアニメを作ってくれたんじゃ。
 
まさかの小津ヒロインEDという悪魔の所業。しかしこれはある意味原作通りという荒業。
本当にいい最終回だった。素晴らしかった。
 
(以下ネタバレあり。注意)
 
 
 
原作の良さを活かす、という意味ではこの作品は100点満点のところを300点ぐらいあげたい。それぐらい素晴らしかった。 
 
後半の流れで、今まで「不毛なキャンパスライフ」と思っていたものが実は「充実したキャンパスライフ」だった、という独白したこと。そして「悪友」を「唯一の親友」に捉え直した最終回。
それは価値観の反転。演出と音楽も相まって、最終2話は涙なくして見れない内容でした。
 
OPとEDの位置が入れ替わっていたりと、「価値観の反転」を示唆するポイントが色々あったりして面白い。
その中でもっとも象徴的なのは、小津の顔。
「妖怪と見間違われるに違いない」と描写され、実際妖怪のような顔だった小津が、最終回では普通の顔になっている。これは「私」の小津を見るフィルターが変わったということだと思う。どんなことでも捉え方次第なんだよね。
 
yojouhan_12_05.jpg 
 
yojouhan_12_04.jpg
 
病院に小津を見舞うシーンでは、逆に「私」があの小津顔になってて吹いた。
まあ、考えて見ればいきなり全裸で登場して「私とお前はドス黒い糸で結ばれているのだ!」と叫びながらやたら世話を焼きたがる男。そりゃあ、小津からみたら「私」も立派な「夜道で会ったら妖怪と間違うに違いない」感じに見えるんだろうなあ(笑)

四畳半脱出の最後の鍵は、明石さんへの恋心に気づくことであったけど、全裸にスカーフを巻きつけただけの男に、「猫ラーメン」食べに行きましょうと誘われてホイホイついていくあたり、相変わらず明石さんが明石さんで安心する。
まあ、「灰色のボクサーパンツ」の持ち主をえんえんと探している時点で相当なアレなんだけど。
要はフラグ全開で、あとは「私」がちょっと前に進むだけでOKだったんだよねぇ。
 
yojouhan_12_06.jpg 
 
yojouhan_12_07.jpg
 
原作では毎回結ばれているが、アニメでは最終回にしてようやく明石さんと付き合うENDになったので感慨深い。
 
 
yojouhan_12_08.jpg
 
師匠と羽貫さんが最後、一緒に旅に出たのは、原作にはないアニメオリジナル展開だけど、これはいい改変だったと思う。師匠と羽貫さんのポジションは、そのまま「私」と明石さんの何年後かの未来でもあると思うので、二重の意味でハッピーエンド。よかったよかった。
 
 
それにしても本当に素晴らしい最終回だった。こんなに爽やかに、かつ鮮やかにまとめられるとは予想外でした。
五山送りで、人々の服装がコマ撮りみたいに変わっていくのが本当に綺麗だった。四季折々の服だったり、その人の一生であったり。
 
yojouhan_12_01.jpg
 
色んな可能性があるということ。
その後の流れは、屈指の名シーンだった。全力で小津がヒロインだった。
 
 
「私」と明石さんの”語るに値しない”ことについてはDVDの特典映像とかにいれて欲しいにゃー。
それにしても面白かった。もうずっとリピートしてる。
 
Category | アニメ全般
   23:49 | Trackback:0 | Comment:8 | 
 
 
 
 
 
Comment
 
 nago [URL] #wtfB9NLc
私の地域では今日見ることが出来ました。
本当に終わった後の充足感が凄いアニメでしたね。
要所要所の工夫の仕方が凝っていて、
伏線を確認するのにもう一度一話から見たくなりました。
探せば探すほど発見がありそう。
ここまで見事に森見ワールドを再現したスタッフの演出力、表現力に感服します。

「夜は短し」「太陽の塔」「有頂天家族」は既読なのですが、
四畳半は先にアニメを見始めたので今まで原作を読んでいませんでした。
rabitbikeさんや他の方の感想を見ていると、
原作を読むとより味が出るようなので、読むのが楽しみです。
しかし、森見作品を読むとキャンパスライフへの期待感が高まりすぎて困ります。



  2010.07.05 Mon 23:46 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>nagoさん
面白かったですねえ四畳半。最高の最終回でした。
>しかし、森見作品を読むとキャンパスライフへの期待感が高まりすぎて困ります。
へもい大学生活を書かせたら、森見登美彦の右に出るものはいないぜ!(笑)
大学は遊びもバイトも勉強も、色んなことで自分の世界が広がっていくのを感じられるので楽しいです。というのも後で思い返せば、な感想ですが(笑)
  2010.07.06 Tue 21:12 [Edit]
  [URL] #uvrEXygI
ようやく最終回を見れました。ずいぶん時差があるものですね……ですが、この記事を読むのをずっと我慢していたかいがありました。すげぇいい最終回。

本当に主人公は周囲の人間に恵まれてますよねぇ、友人に恋人に師匠に……そのあたりに「私」がようやく気づくあたりで本当にグッと来ました。第一話だとただの変態の城ヶ崎先輩ですら、最後のほうは普通に良い兄貴分でしたものね。

特に小津は本当にあらゆる意味で「私」の親友だったんだなぁと思いました。明石さんの可愛さと羽貫さんのエロさは言うまでもないとしても、最終回の小津が妙に可愛く見えて仕方がありません。ああもう、早くDVDを買いたい。

しかし、「空中ブランコ」に「四畳半」に、最近原作が小説の良作アニメが立て続きですな。この調子で好きな作家の作品をアニメ化してくれると個人的には小躍りしてしまうのですが。
ほら…伊坂幸太郎とか、万城目学とか…森博嗣でも……贅沢言いすぎですか?
  2010.07.07 Wed 02:55 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>椋さん
最終回、本当に面白かったですね。もう最高っすよ!
>最終回の小津が妙に可愛く見えて仕方がありません。ああもう、早くDVDを買いたい。
明石さんを望遠鏡で確認した後に、OZ!OZ!と叫びながら疾走という軽い裏切り展開も良かったですね(笑) 名シーンだあそこは(笑)
>ほら…伊坂幸太郎とか、万城目学とか…森博嗣でも……贅沢言いすぎですか?
森博嗣って結構コミックになってる作品多いんですよね。自分も好きなんで見てみたいなあ。
昔、NHK-FMのボイスドラマで「女王の百年密室」が放映されてたんですが、その時ミチルを演じていたのは高山みなみでかなり声が合ってた覚えがあります。
万城目や伊坂も見てみたいなぁ。
  2010.07.07 Wed 23:06 [Edit]
  [URL] #-
はじめまして、とても遅いコメントですみません。

自分は「四畳半」を初めてみたときOPで既に最終回を見たかのような感動を覚えました。
最後まで見終えたとき、最終話の構成などでその理由や意味を理解できましたが。

つまり、何を言いたいのかといいますと、この作品は最初から最後まで全力で面白いですよね!ということです。
  2010.10.04 Mon 19:21 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
はじめまして~。
四畳半神話大系は、本当にいい作品でしたね。
浅沼さんの熱演も素晴らしかったです。
  2010.10.05 Tue 00:57 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  2011.04.02 Sat 20:54 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  2013.02.04 Mon 14:17 [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/736-b660bf67
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。