QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

山内泰延「男子高校生の日常」2巻 感想

dansi_nitijou02_0001a.jpg
 
 
dansi_nitijou02_0023a.jpg
 
すげえ。
   
新キャラも多く登場して、ますます手のつけられない感じに。
2巻では「合同文化祭」として女子高の面々も登場。
しかし「華やかさ」とか「爽やかさ」といった単語とは相変わらず無縁の漫画。いやある意味では華やかで爽やかかもしれない。
 
沸騰しそうなほどのテンションで逆方向へ全力疾走する高校生たちのゆるい日常。一旦ツボにはまると抜け出せない。
  
(以下ネタバレあり。注意)
 
相変わらず破壊力高い。笑いすぎて腹いたい。
というわけで山内泰延によるギャグ漫画「男子高校生の日常」。
2巻もやはり危険な代物でした。これ家で読んでよかったよー。電車とかだったらヤバかった。
 
一番笑ったのは第26話「男子高校生と救世主」
 
dansi_nitijou02_0025a.jpg
 
東女子高の生徒会長(りんごちゃん)に、学校の備品を借りれないか頼む北高生徒会の面々。
どうやら明日必要な備品を用意するのを忘れたため、緊急手段として東高の生徒会長を頼ったみたいだが…。
「勝手に貸したら自分が怒られる」と渋るりんごちゃんに、どうしてもと頼み込む北高男子だが、了承しないりんごちゃん。
次第に頼み方もテンションがあがってきて…。
 
 dansi_nitijou02_0026a.jpg
 
テンプレだコレ!
何だこのわかりやすいシチュエーションは。
副会長の道を塞ぐような態勢といい、モトハルのポケットに手を突っ込んだヤンキースタイルといい、パーフェクトじゃないかウォルター。
 
そしてお約束が。
 
 dansi_nitijou02_0027a.jpg
 
ここで「え、俺ら!?」と驚愕する北高生徒会の面々が腹筋に辛い。
やべー、事情を理解してない善意の第三者ほど、間の悪いものはないが、彼らにしてみればとばっちりすぎる(笑) でもこの生徒会、どう考えてもヤンキーの群れだからなあw
漫画みたいな誤解をされたことに気づく男子高校生たち。さあ、どうする!?
 
dansi_nitijou02_0028a.jpg
 
芸術といっていいリアクション。
なんとこのナイスガイたち、 「いや、誤解されてるようですけど、この女の子とは知り合いで~」みたいな説明をした場合、男がとてつもなく恥ずかしい思いをするだろう、と察してわざとやられ役を演じることにしたらしい。
 
泣いた。
なんという、いたわりと友愛。犠牲的精神すぎるだろ…。生徒会の面々、まじでナイスガイ。漢だ・・・
そしてテンプレのごとくやられる北高生徒会。
副会長、マジでやられ役が鉄板。北斗の拳のモヒカン並。
しかし、首尾よくやられ役を演じきるも、この後…!
やりきれない気持ちになる(笑)。だめだこの女!w
 

ところで、 
 
dansi_nitijou02_0029a.jpg
 
この人主人公らしいです。衝撃的すぎる。
 
 
 ◆◇◆◇◆◇◆◇
 
  
後、2巻はモトハルが全体的にひどい目にあってて泣ける。
 
dansi_nitijou02_0022a.jpg
 
第24話「男子高校生と年功序列」で、姉の同級生に囲まれ、暴虐の限りを尽くされるモトハル。
「いっそのことこいつら全員ぶっ殺してしまおうか」との考えがよぎるも、
 
dansi_nitijou02_0024a.jpg
 
「返り討ちにあう…」と諦めるモトハル。ヤンキーなのに…。
 
 
dansi_nitijou02_0030a.jpg
 
文学少女はもうこの顔だけで笑えて卑怯だ。
というかヒデノリの反応が、捕食者に追い詰められた獲物のそれで笑う。そんなにか!そんなになのかー!
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
巻末は1巻に引き続き、特別読切の「女子高生は異常」
 
dansi_nitijou02_0032a.jpg
 
この巻末漫画、なんでこんな殺伐としてるんだ…。
女子高生が主役なのに、本編より荒んでる。不思議!
というわけでこちらも新キャラが色々と出て世界観が広がっておりますが、もしかして恒例になるのかこの巻末。
単純に本編のタダクニ・ヒデノリ・ヨシタケが女子高生になっただけかと思いきや、もはや独立した別のキャラになっているみたいで…。
 
dansi_nitijou02_0031a.jpg  
 
dansi_nitijou02_0033a.jpg
 
何やった羽原。
 
 
2巻も相当面白かったです。
無駄にテンション高くてテンポがいいから、一旦ツボにはまると抜け出せない。ヤバいよね。
次も楽しみ。
 
Category | マンガレビュー
   22:25 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/705-72210706
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。