QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

森薫「乙嫁語り」第2巻感想 あぁん、もう!

 otoyome02_0001a.jpg 
 
 
otoyome02_0006b.jpg
 
嫁心がついたアミルさんが見れるのは、乙嫁語りだけ!

2巻は甘い です。
嫁心ついちゃったアミルさんちょうかわいい。破壊力たけえマジで。  
あとパリヤかわいい。パリヤちょうかわいい。 パリヤちょうしかめっつら。パリヤまゆげかわいい。
意地悪な質問して困らせたい。顔真っ赤にさせたい。眉毛舐めたい。やりすぎて殴られたい。
 
otoyome02_0009a.jpg 
 
otoyome02_0010a.jpg 
   
スミス、セクハラ。GJ。
さあ、パリヤにその後を言わせる作業に戻るんだ。早く。
(以下ネタバレあり。注意)
 
otoyome02_0007c.jpg
 
嫁心がついた日の夜の、アミルとカルルクのくすぐりっこのその後の漫画化を希望
 
otoyome02_0007c.jpg
 
さらに、
アミルとカルルクの盛り上がりに火がついちゃった父母のその後の漫画化も希望
  
森薫先生の机の引き出しには、掲載されなかったあの後のエイホン家の夜が100Pくらいにわたって詳細に描かれてる秘密の原稿があるにちがいないんじゃよ…。エロスなんじゃよ…。
 
 
そういうわけで乙嫁語り第2巻。
アミルと連れ戻しに来た実家の人たちとのバトルなんかもあって、きな臭いエピソードも入ってますが、そこら辺は集落の人々とカルルクくんの活躍があって撃退、という感じ。
 
otoyome02_0004a.jpg
 
アミルさん、今まで弟みたいに思ってたカルルクくんのかっこいいところを見て、ときめいちゃったんやな…。
襲撃後のアミルさんは、これでもかというぐらいデレてて、読者が砂を吐くぐらい甘いんですけど、このマンガどうなってるの…。新婚ってレベルじゃねえぞ!
 
カルルクを意識しすぎるあまりギクシャクするアミルさん。
「僕のこと、嫌いになった?」とカルルクに聞かれて「そんなこと!!!」とパニックになったり。
 
otoyome02_0015a.jpg  
 
ダメだ、この夫婦かわいすぎて死ぬ。 
このアミルの、カルルクへの不器用な接し方を見るに、多分第1巻でカルルクの前で裸になったことを思い出したら、真っ赤になって涙目になりそう。自業自得だが。
そんでアミルと向かいあって話をするカルルクくんも立派だなあ。男前だ。成長したなあカルルク。
 
 
日常パートは「乙嫁語り」らしいゆったりとした演出ですが、件の襲撃後のカルルク・アミルの周りに漂う空気が甘い甘い。新婚生活でアツアツってっわけですね、うるせー(笑)
2巻では他にも
■パン作り
■刺繍
■旅人の話
等も。中央ユーラシアの文化的なエピソードは読んでて面白いですね。
 
あと大事なこと。
今巻で新登場のパリヤが可愛すぎて生きるのが辛い。
もうコマからただようパリヤさんの不器用っぷり。ちょうかわいい。 
たぶん人付き合いも不器用で苦手なんだろうなあ。
屈託なく接してくれるアミルさんに早々と懐いてしまうパリヤ。
刺繍とか、どうやら嫁入りに必要なスキルが足りてなくて見合いも何回も失敗してるらしいです。
 
otoyome02_0003a.jpg
 
パリヤァァァーーーーッ!!!!
パリヤ!パリヤ!パリヤ!!
パリヤ!この太眉!しかめっつら!!ちょうかわいい!!!
 
次はスミス編になるらしいけど、ぜひともパリヤのその後を描いてほしい 。 幸せになってほしいのう。
 
 
otoyome02_0008a.jpg
 
巻末マンガも相変わらず。
このメイド神は本当にダメだな!!(笑) 最高でした。
 
Category | マンガレビュー
   21:13 | Trackback:0 | Comment:4 | 
 
 
 
 
 
Comment
 
  [URL] #-
自分も読みました~!
まあカルルクはまだ12歳だから父母のような夜を迎えるのはまだ先・・・・だと思うのですが、
まあ、当時の事情的にはどうだったのでしょうかねえ?
パリヤかわいいよパリヤ。めんこい。

にしても森さんは晴れた日の昼間にやることがそれって…(笑)
根っからなんですねえほんと(褒めてます)
でもこういう自分の好きなことに没頭して作品作ってそれで食べていける森さんはいいなあ、と思います。

  2010.06.15 Tue 22:23 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>当時の事情的にはどうだったのでしょうかねえ?
ふっふっふ…。近代以前の人類文化史なんかの資料をあされば素敵なことに。12歳は大人ですけん。
>パリヤかわいいよパリヤ。めんこい。
めんこいですなあ。見合い断られたこと気にしてるのもかわいい(笑)
>でもこういう自分の好きなことに没頭して作品作ってそれで食べていける森さんはいいなあ、と思います。
作画とかも色々と規格外ですごいですよね。ほっとくと書き込みすぎちゃうからキッチンタイマーで時間制限してるとかw
  2010.06.16 Wed 23:21 [Edit]
 山茶 [URL] #2uwYT1G6
乙嫁語りいいですよね~。
2巻も期待以上に感動させてくれました。
他に類を見ない美しい漫画だと思います。
今後も楽しみです。
  2010.06.20 Sun 15:02 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>山茶さん
ストーリーも楽しいし、出てくるアイテムや風景が本当に美しくて、見ててワクワクしますよね!
2巻はアクション分多めで、躍動感があって読んでて楽しいです。次巻が本当に楽しみな漫画の一つですね。
  2010.06.21 Mon 00:26 [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/696-fbc2f255
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。