QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

笑って笑って心も温まる。小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭」第4巻 感想

P1030765a.jpg 

 

本格ほのぼのお江戸妖怪漫画「怪異いかさま博覧亭」の第4巻が発売されました~。(パチパチ

いや僕ね、この漫画大好きなんすわ。REXで連載してるんですけど、第3巻から1年近く待った甲斐はあったね! 今回も笑って笑ってホロりとくるお話満載で大満足です。

 

しかし、こんなに面白いのにあんまり話題になってない感じがするな~、と思ってたら、今日行った本屋じゃ平積みアンド他と比べても減ってたという驚きの事実。もしや…、小竹田ブームきたか!?

博覧亭ブーム…くるか!? 1・2巻の頃は探すのさえ苦労したというのに…(ホロリ

(と思ったら、どうも小竹田先生のブログではちょっとキナ臭い話が…汗。とりあえずREX買ってきてアンケートを出すことにします。だって大好きなんだもんこの漫画)

 

 

まあ、そんなわけで第4巻。

「怪異いかさま博覧亭」を知らない方のためにざっと説明すると、

 

 

 

時は文化文政、太平の世。西暦で言うと19世紀初頭あたり。世界でも有数の大都市・江戸では、まさに町人文化が大・満・開、の時期。

その江戸における盛り場・両国で。”もっとも客の入らない”見世物小屋・博覧亭。

 

そこの主人・榊は”ド”がつくほどのお人好しアンド妖怪馬鹿。怪異の噂があればすっ飛んでいき、結果として妖怪やら忍者やらの居候やら食い扶持やらを増やす毎日。

Scan10337qa.jpg 

妖怪について力説する榊。馬鹿でしょ?(笑) まあ、こんなんでも榊の旦那はホントいい男だからねぇ(笑)

呆れるほど優しいし。

そんな榊のまわりには、一癖も二癖もある人間や妖怪や付喪神たちが集まってきて…。

 

 

という「ライト感覚のコメディー奇譚」(←第1巻の裏表紙にあるコピー)。

しかしよくある妖怪漫画と違うのは、作者・小竹田先生による圧倒的な知識と調査によって描写される当時の江戸の情報量!

1話が終わるごとに、その話に出てきた小ネタやら解説やらが、2Pほどに渡って書かれてるんですけど…、濃いね。

そして笑いあり涙あり、というか登場人物たちみんな、いい子たちばかっかりなんですわ~。

博覧亭に住んでいる奴らは、みんな榊が拾ってきたのばっかなんだけど、それぞれの出会いのエピソードとか、超泣けますからね。榊の旦那はいい男すぎる。

あと蓬ちゃんかわいすぎる。

 

 

興味の出た人は、とりあえず1巻だけでも。

作中一のけなげ&のほほん娘の蓬や、くのいちの柏との出会いエピソードなんかも入ってて、読めば2巻・3巻を買いに本屋に駆け込むこと風の如し。になると思う(笑)

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

前置きが長くなったので(笑)、簡単に4巻の感想。

 

Scan10337xcq.jpg 

 

この大変かわいらしい生き物、というか妖怪はどこに行けば会えるでしょうか?

五徳猫かわいいよ五徳猫(笑)

五徳兄ィのらぶりぃさに、ノックアウト寸前です! モフモフさせろや! MOFUMOFUさせろや! MOFUMOFUの後はDAKKOさせろや! KAWAIGARITEEEEEEEE!!!

 

…ハッ、五徳猫のあまりの可愛さに意識が…!(笑) 

それにしても博覧亭の妖怪連中の可愛さは相変わらず異常ですね。冒頭、正月にやることがなくてひまな妖怪たちが双六作り始める話とか、コマからにじみでる可愛さに思わず「お、お持ち帰りいぃぃ~~!」。 

 

江戸風俗の話もいろいろ載ってましたが、今巻ではいつかやるだろうなと思ってた「百物語」の話が登場。しきたりやルールについても色々と。

Scan10339a.jpg 

 

そして、百物語を語る榊の口から、彼自身の過去の話が語られたりして。

世にも珍しい大人榊の泣き顔が見たい方は、4巻の第三十四幕をチェック! 萌えますよ(笑)

兄弟同然のような友人を亡くした榊が、「自分のせいだ、自分が生き残ったから…」と口走った瞬間、問答無用で榊のツラをぶん殴る杉忠さん、まじイイ友達。

大人榊が弱気になって泣き言漏らすのもびっくりですが、マジギレモードの杉忠にもびっくりですわ。あのハゲ、吉原とかセクハラとかだけのエロ禿親父じゃなかったんですね(笑)

 

 

そして驚愕のサービスシーン!

Scan10337de.jpg 

いいんすか小竹田先生! これいいんすか!!

俺はいいですけど! むしろ俺にいいんですけど!!

けしからん…、これはけしからんですよ! けしからんので蓬と柏は俺の娘!

ん?蓮花ちゃんは向こうでお酒飲んでていいですよ。変わらない君が好きさ(何気に酷い)。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

いやー、4巻も面白かったです。

表紙カバーに小竹田先生が「blog開設しました」なことを書いており、おお! てな具合で早速ブックマーク。これで小竹田先生の最新情報はバッチリや~!

 

 

小竹田先生のブログ はこちら → 小竹田貴弘の生存を確認しました。

 

 

博覧亭は読んでて、何かホクホクしてくるからいいよね。

何がいいって「博覧亭」は

Scan10337a.jpg 

だからっすよ! 

 
Category | マンガレビュー
   23:35 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/481-25adce7f
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。