QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

7歳の少女と高校生男子のガチラブストーリーが読めるのは「紅」だけ! コミック「紅」第3巻感想

知らんかった。「紅」は高校生と7歳の女の子のマジでガチなラブストーリーだったんじゃ…。

いや、本当は知っておったんじゃ。でもまさか夕乃さんや銀子がちょっと入れる隙間がないほど、紫(7歳)がガチでメインヒロインしているとは思わなかったんじゃ…。

 

(以下、紅3巻のネタバレあり。注意!)

 

P1010944.jpg 

 

いやー紫は可愛いけど、手を出すとかないっすよね真九郎さん。

だって7歳っすもんね7歳。

小学校あがったばかりの女の子ですもんね。そんな年の子に手を出すなんて、どこの外道野郎だって話…。

 

P1010939.jpg 

P1010942.jpg  

 

やっちゃったーー!!!!

 

P1010916.jpg 

 

一晩経って事の重大さに怯える真九郎さん。

おいマジかよ真九郎。おめえ手を出しちゃったのかよ。これはもう言い逃れできない。何も言わず警察に行こう、な? 今ならまだやりなおせるって、な?

 

というわけで「紅」第3巻。色々と凄い巻でした。 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

しかしマジで紫がメインヒロインだったのか…。なんだかんだ言って銀子か夕乃さんあたりとくっつくんかな、と思ってたんですが、そんなことありませんでした。

コミックス第3巻は一言で言うと、「紫(7歳)と真九郎さん(高校生)のガチラブ話、しかも今どき赤面しちゃうくらいの」、という話なんですが、改めて考えるとすごいなコレ。

 

話の大筋は、紫と真九郎が初めて会ったときのエピソードを中心に。

本来、九鳳院家の<奥の院>と呼ばれる場所で、一生外に出ることもなくそこで生涯を過ごす筈だった九鳳院家の娘・紫が何故、真九郎のもとに預けられたのか、九鳳院家のおぞましい因習とは。

を巡って話が進むわけですが、言っちゃえばあれですわ。<囚われのお姫様>である紫を助けに行く<騎士>=真九郎さんという話。キャー、恥ずかしい!!

こんだけ真っ正面からこんな正攻法のこっぱずかしい話をやられたんじゃrabitbikeさん背中が!! 背中がかゆい!! しかし大好物だ!!

 

ホントにもう、終盤の盛り上がりは異常。

P1010922.jpg 

 

真九郎さん! ここでいかなきゃ男が廃るってもんよ!!

 

P1010937.jpg  

 

やったれやあ! それにしても、なんちゅー中2マインドを刺激する展開だ。時代劇的なお約束でもあるけど、ここまで引っ張られたら燃えざるをえない。

 

 

しかし敵役の、紫の兄でもあり婚約者(と言っていいのかな)でもある「九鳳院竜士」というのが、かなりのゲスな野郎。

 

P1010918.jpg 

P1010931.jpg 

P1010933.jpg 

 

ブチぎれそうだよ俺…。

この九鳳院・アホ・竜士は本当にゲスい野郎で、胸糞悪くなるような展開が続くんですが、この九鳳院・クソッたれ・竜士ぐらい同情できない敵は久しぶりだなあ。

なので終盤、この九鳳院・うんこ漏らせ・竜士が真九郎にぶっ飛ばされるシーンは見ててかなり愉快痛快。ざまあ。

 

最後は相思相愛でハッピーエンド。

P1010926.jpg 

ああ・・・、これはヤバイ。色々とヤバイ。

何がヤバイって紫はまだ7歳なのに真九郎さんが完璧尻にしかれてるのがヤバイ。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ところで卑しい女さんは今巻は出番少な目。あ、銀子もか。

しかし少ない登場シーンでも、かなり強烈な印象を残すのは流石というか。

 

P1010920.jpg  

P1010921.jpg 

 

この人は何を言ってるんだろう。

今さら尾崎豊かよ! とか色々ツッコミどころはあるんですが。

 

 

そういうわけで「紅」第3巻、一つの区切りとなる巻でした。

九鳳院・豚インフルエンザになれ・竜士が相当むかつく野郎ですが、最後には紫の笑顔が見れるのでガマンして読もうぜ!

ところで毎度お楽しみのカバー裏は表が女教師ルックの夕乃さん。裏がセーラー服の紫でした。

 

Scan20069d.jpg Scan20068d.jpg 

 

あざとい…!! 夕乃さん、あざとい!!

 

 

 

[漫画] [感想] [片山憲太郎] [山本ヤマト]

 
Category | マンガレビュー
   21:03 | Trackback:0 | Comment:4 | 
 
 
 
 
 
Comment
 
 しめじ [URL] #YwFhO0mY
世の中凄い漫画もあるんだな…と、思って読ませてもらっていたら、今日の通学途中、中央線の車内モニター(?)で広告されていました、この漫画。
このブログを読んだ直後だったので、「うおっ?」と思ったのですが、とてもラブストーリーを思わせる内容の広告でなかったので、ガックリ。
しかし、何故でしょうかね…?

私はこういう漫画、好きなんですが。
  2009.05.08 Fri 17:57 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>しめじさん
コメントありがとうございます!

>とてもラブストーリーを思わせる内容の広告でなかったので
「紅」って宣伝に関して言えば「伝奇モノ」の面を強調されて広告を打たれてるような気がします。
だって、その…、「7歳の少女と高校生のラブストーリー」というのは…、セールスポイントになるとは考えにくく…!
むしろ犯罪チックな匂いがしてきませんか? このご時世だと色々ヤバげな感じもするし。内容は今どき珍しいぐらい真っ当な「囚われのお姫様モノ」なんですけどね。
やはり年齢がイカンのじゃろか…。
  2009.05.09 Sat 11:55 [Edit]
 しめじ [URL] #aeXHjovo
言われてみれば…。
確かに「7歳と高校生」という設定は世間には受け入れられにくいですし、深夜のCMならともかく、電車のモニター広告ですからね。
下手をしたら連載雑誌も一歩距離を置かれかねないので、そういう所はプッシュしなかった、といった所でしょうか。
  2009.05.09 Sat 16:55 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>しめじさん
まあ、字面だけみたら完璧に犯罪ですからねえ。
うう、言いたいことも言えない世の中じゃ(ポイズン)。

中身は「背伸びする少女」と「あしらいつつも振り回される年上の男」というオーソドックスな構成になっているのでご安心を。しかし夕乃さんの立場がないなーコレ。
  2009.05.09 Sat 19:06 [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/295-cb1ee594
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。