QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

NHKスペシャル 宇宙飛行士はこうして生まれた~密着・最終選抜試験~

さっきNHKスペシャルで宇宙飛行士選抜の話やってたんですけど、見た? すごかったね。

 

「度胸星」や、最近は「宇宙兄弟」なんかを夢中になって読んでるrabitbikeさんにとってはかなり興味が湧くセレクションだったんでワクワクしながら視聴。

久しぶりに日本人から宇宙飛行士が選抜される宇宙計画。

候補者たちが幾つもの選抜を抜けて、最終選抜に挑みます。

それこそ色んな人たちがいるんですねえ。海上保安庁やベンチャー企業に勤める人、産婦人科医の女医さんなんかもいて正に多種多様。

共通しているのは「絶対、宇宙飛行士になる!」という意思の強さ。いや、すごいよこの人たち。

 

選抜形式は、閉鎖された居住空間に候補者たちが何日か閉じ込められ、指令やテストをこなしていく形式。

候補者たちはチームに別れ、それぞれが協力し合い指令をこなしていきます。

基本的に試験官は姿を見せず、連絡はマイクを通した声のみで行われるようです。候補者がテストを受ける数日間は全て監視カメラ下にある状況。プライベートは一切なしというかなりストレスフルな環境。

これはきつい。

「選抜対象者のみで閉鎖された環境でテストを受ける」というのは「宇宙兄弟」でも描かれてましたねー。

下される指令は「折鶴を100羽作れ」、「4日間でロボットを作れ」、「芸を披露して皆を楽しませろ」等、ユニークなもの。

いつグリーンカード出るのかな? などと思いながら見てた僕はマンガの読みすぎですか? すいません。

気になったのが試験官たちが、監視カメラを通してみる候補者たちを全て番号で呼んでいた件。たぶん公平を期すために、試験官には候補者たちのバックボーンや名前すらも伏せられているんでしょう。そういう細かい所でシビレる俺・・・。

プロっぽいなあ・・・かっこいい!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

それにしても候補者たちは化けモン揃いですね!

電子機器とレゴみたいなブロックを渡されて「4日間でなんか面白いロボット作れ」とか無茶振りすぎでしょう。

なのに期限前にはすでに完成しているロボット。マジか。

あるチームが作ったロボットは「おみくじロボット」。人の前まで自力移動し、その人が手拍子を打つとおみくじを出すというもの。音センサーをうまく使ったユニークなロボットですが、試験官はそれを見ても満足しない。

期限前だというのに突如プレゼンの命令を出します。慌てながらもなんとかロボットのプレゼンテーションを行うチーム。そこに試験官の非情な一言。

「面白くないです。あと1時間でもっと面白くしてください」

げ、外道~~!!!

 

じつはコレ、「緊急対応能力」を見るテスト。緊急事態に対してどのように対処するのか? 候補者たちの慌てぶりを冷徹な目で見つめる試験官たちです。すげえなあ。

しかしもっとすげえのが候補者たち。見事1時間で「ダンスをする」「ランダム性を付加する」等の改良プログラムを作り出し試験官たちの要求に応えました。マジっすか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

最終選抜が終わり、最後にNASAの面接を受ける候補者たち。

NASA試験官の言葉、「何故あなたはここにいるのですか?」は根元を揺さぶる深くて重いクエスチョンですね。

互いに命を預けるメンバーとなるかもしれない候補者たち。面接という短い時間でその人の深いところまで見極めようとする面接官たちの眼光はきわめて鋭くプロフェッショナルを感じました。

その後のパーティー。

「ヤバイ! これが最終試験だ!」と心の中でおもった僕はマンガの読みすぎですか? すいません。

パーティにはローナ・オニヅカという年配の女性も参加してました。

この方は、爆発事故を起こしたチャレンジャー号のクルー、エリソン・オニヅカの奥さんだそうです。

目の前で夫の事故を見つめた彼女が語る言葉は一つ一つが重みをもっていました。

宇宙飛行士は世界でも一握りの人間しかなれない、と語るローナさん。

「夫はとても幸運だった。わずかな人しかつかめない夢を掴めたのだから」

 

知ってますか? 今回の選抜に残った候補者たちの最年少は31歳のベンチャー企業に勤めるサラリーマンだそうです。

高校時代に見たスペースシャトルのビデオを一週間かけて和訳し、レポートを作ったところからスタートした夢だそうです。

 

31歳かあ。なんだ、俺らだってまだまだ全然じゃん。

なんかこう・・・さあ・・・

勇気が湧いてくるなあ・・・。

がんばろうぜ!! イエイ!!

 

 

[日記]

 
Category | 日記
   22:35 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/224-581fef2d
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。