QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

読書感想日記 神林長平「魂の駆動体」

tamasiinokudouta.jpg 

 

読了。おもしろかったー!

仕事から帰った後に、ウィスキーをちびちびと飲りつつ、この本を読み進めていくのが、毎晩の楽しみでした。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)
人々が意識だけの存在として仮想空間へと移住しはじめた近未来。養老院に暮らす「私」は、確かな生の実感をとりもどすため、友人の子安とともに理想のクルマを設計する。いっぽう遙かな遠未来。太古に存在した人類の文化を研究する翼人のキリアは、遺跡で発掘された設計図をもとに、あるクルマの製作を開始するが…。機械と人間の関係を追究してきた著者が、“魂の駆動体”たるクルマと自由な精神の解放を謳う現代の寓話。

 

内容(「MARC」データベースより)
自動車が完全に自動操縦化された近未来で、または、人類滅亡後栄えた翼を持つ翼人たちの世界で、現代のガソリン車はどう夢想されるのだろうか。従来とは逆の視点で描かれた仮想現実がテーマの長編SF小説。

(amazon紹介文より)

 

著者の車に対する深い造詣と、情熱が感じられる小説。

「私」と友人の子安の不良老人ぶりが面白くて、最初からぐいぐいと惹きつけられます。

舞台となる近未来では、自動車は完全に自動操縦となり、エレベーターやエスカレーターと同等の、ただの「移動手段」としか見られなくなった時代。したがって、自動車は個人の所有ではなく単なる公共の移動手段となり、デザインも性能も画一化され、個性というのは存在しない世界です。

そんな中で、「私」と子安は、「理想のクルマ」を作ろうと設計を始めるのですが・・・。

現実に存在する車への評論や、シャフトやシステム、エンジン等の技術的な面に加え、デザインや思想性といった視点も含めつつ、2人は喧々諤々の議論を繰り返し、「理想のクルマ」の設計を進めます。

ここの会話を読むだけでも相当面白いです。僕は車にはあまり詳しくはないのですが、著者の車に対する情熱が伝わってきて、凄く興味深く読めました。車好きの人ならニヤッっとするような所かもしれないですね。

 

一方、遥か遠未来、人類が滅亡し、代わりに「翼人」と呼ばれる新たな人類が地球の主役となった時代。太古の遺跡から自動車の設計図が発掘され・・・。

ここのパートは完全にSFですが、「車というものが必要とされない世界」でかつての人類が生み出した車を再現する時、何が起こるのだろう、という思考実験とも読めて面白いです。

車を実用として必要としない分、車に対する情熱、思想が熱く語られます。ここでは著者は「意識と魂」という言葉を使いつつ、「人が車を走らせるとき、何故、楽しさを感じるのか」について深く掘り下げていきますが・・・、これがまたロマンチックなんだ。

 

最後もニヤリとするような仕掛けを施してあり、読後は何だか心が温かくなるような本です。 

読み終わった後に、改めて表紙を眺め回したらグッときました。オススメ。

 

 

[読書感想]

 
Category | 読書
   23:47 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/145-15c98e11
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。