QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

サンデー連載中の「魔王」についてちょっと語らせろ

P1000576.jpg 

文庫で購入。

「グラスホッパー」は大学生の頃に図書館で借りて読んだんですが、この度購入。

ついでに「魔王」も購入。こっち既読だったような気がしてたけど、気のせいだった。なんか他の小説と混同してたみたい。

 

で、ここ一週間ばかりチラチラと読んでおりました。

 

何故、今さら前に読んだはずの小説を文庫で買うのかって?

決まってるじゃん!

 

P1000580.jpg 

 

こいつのためさあ!!

 

いやー面白いよ、サンデーの「魔王 JUVENILE REMIX」

まだ読んでない人がいたら速攻でおすすめしたいぐらいです。

 

 

で、サンデー魔王が面白すぎて、原作のあやふやなところを確認するために購入したんですが。おかげで伊坂幸太郎熱がぶりかえしそうです。

しかし、原作読み返しても思うのが、

「大須賀めぐみはこの原作を前にして、よくあんだけのマンガを描いてるよなあ」というのが正直な感想。

 

いや、ね? もし自分が一人の漫画家(あるいは編集者でもいいが)だとして、伊坂幸太郎の「魔王」をポンと渡されて、「それサンデーで連載するから。あ、設定とかはある程度自由に変えちゃっていいよん。じゃ、ヨロシク」みたいな感じで渡されたとして(あくまで想像だけど)、

果たして、ここまで物語を再構成できるかっていうと、たぶんできないと思うんですよ。

原作の伊坂幸太郎版「魔王」「世の中に蔓延するある種のムードに対する恐怖」を軸に、世の中の変化やそれに抗う主人公の姿を描いているので、お世辞にも、マンガ向き(しかも少年誌!)とは言えない作品です。

もし、そのままマンガにしても、面白いことは面白いんだろうけど、「一部のマンガファンに受ける面白いけど地味な作品」で終わってしまった可能性が高かったかな、と思います。

しかし、そうはならなかった。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

大胆なのが、同じ伊坂幸太郎作品からもそのエッセンスを存分に、遠慮なく、縦横無尽に取り入れていることと、

それが成功してること。

 

特に、「魔王」と並んで、「グラスホッパー」からキャラ・設定・ストーリーを取り入れてるのは大成功だと思う。

「グラスホッパー」は原作からして殺し屋同士の戦いを描いた作品なので、マンガにしたとき画面が映えるんですよねー。いやー、鯨こえ-。蝉つえー。押し屋かっけー。

 

伊坂ファンからすれば「魔王」の安藤と、「グラスホッパー」の蝉が絡むなんてヨダレもんのコラボですよね。

特に大須賀めぐみ版「魔王」における”蝉”のキャラクター造形は、原作にあくまで忠実かつより魅力あふれる人物になってるのがすごい。

原作の「グラスホッパー」読んだ時は、そんなに”蝉”にはいれこまず、むしろ「鯨さんカッケー」とか思ってたのに。今じゃ「蝉さんチョーカッケーっす! マジパネェっす!」って感じだよ!

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

あと、サンデー版「魔王」の凄いところは、決してバトル物ではなかったはずの原作「魔王」を、息も詰まるほどの緊張感あふれるバトル漫画にしたことじゃないかな?

いやー、安藤の能力「腹話術」で、あんだけすげー戦いをされたら、グゥの音も出ないですよ。グゥ!

 

原作でもマンガでも、安藤の口癖は、特撮ヒーロー・マクガイバーの「考えろ!」ですが、考えて考えて考え抜いて、かないっこないような敵に、強大な能力に立ち向かっていく姿に、マジrabitbikeさんの涙腺ガタガタ。

もし自分に「相手に思い通りの言葉を喋らすことが出来る」なんて能力をもらったとしても、10人以上の人間に囲まれた時とか、鉄骨を折り曲げちゃうような敵とかと対峙して、切り抜けられるかって言ったら、もう無理ですって感じだもんね。

でも、安藤はやるんですよ。

かないっこないような強敵にも、考えて考えて考え抜いて、非力なはずの能力を100%、いや200%活用して、道を見出すんだ。

そして、第一章のラストに・・・・

全俺が泣いた。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

いやー、おすすめです。サンデー「魔王」

サンデー連載中のほうはグラスホッパールートに入ったと思ったら早々に外れて、もう次の展開が予想できません。

原作読んでるのに全然ラストが見えないし予想できないとか恐ろしすぎる・・・。

原作もあわせて読むと、色々予想できたりして面白いかもしれません。まあ、結局は大須賀めぐみ先生の掌の上で踊ることになるんでしょうが。

 

 

[サンデー] [魔王 JUVENILE REMIX] [大須賀めぐみ] [踊らされるのが楽しくて仕方ないrabitbikeさん]

 
Category | 魔王 JUVENILE REMIX 感想
   20:08 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/102-70240fed
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。