QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

泉昌之「食の軍師」 トンカツを食べに行こう!

tonkatsu_gunnshi_0007a.jpg

 
今夜は豚カツを美味しく頂いちゃったってわけですね!!
わかります!!!1!!1!1!!!!(なんだこのテンション) 
 

tonkatsu_gunnshi_0001a.jpg 

 
友達と前、泉昌之の「食の軍師」の話をしたキッカケでつらつらとまた再読してみたんだけどやっぱりお腹が減るなあ、読んでると。
「孤独のグルメ」原作者の久住昌之が和泉晴紀とユニットを組んだお馴染みの泉昌之作品なわけですが、やはり孤独のグルメと同じくそこらへんにある普通の食べ物を独特のこだわりで漫画化しているのが面白い。その中でも今作の白眉は豚カツ回と言っても過言ではないのだ。
 

tonkatsu_gunnshi_0007d.jpg

 
読んでたらたまらなくなって、今日の仕事中なんて豚カツのことしか考えられなかったよ!!どうしてくれるの!!
そういうわけで今夜の晩ご飯は近所のトンカツ屋でロースカツ定食でした。しかも上ロースだぜ!
せっかくなので本郷流に豚カツ食べてみたんですけど、果たして本郷流とは!? という話。
  
(以下、豚カツの食い方あれこれ)

本郷流豚カツの食い方とは?
まず本郷っていうのが誰か、って話なんですが泉昌之作品ではお馴染みのトレンチコートの男。
「夜行」でデビューした(世にも奇妙な物語にもドラマ化されましたぜ!)無駄に食い方にこだわるオッサン(職業は私立探偵らしい)なわけですが、「食の軍師」ではこの本郷さんがかなり出張ってるので、というかまるまる一本主役なので、その理解できるようなやっぱりできないようなこだわりを堪能できるのだ!
 

tonkatsu_gunnshi_0002a.jpg

 
豚カツ回は、まず本郷さんが「あー、腹減った」というコマから始まるわけですが、この本郷さん、わりと「これ!」と決めたもののためにその腹具合を調節するクセがあり、例えばおでんを食べたいなーと思ったら昼はサンドイッチにしたりしてボクサーよろしく、本番までに体の(腹の)コンディションをピークに持っていくみたいです。
この回では前日から「明日は豚カツだ!」と決めてたらしく、本郷さん、夜食・朝食を控えめにする。
 

tonkatsu_gunnshi_0002b.jpg
 
tonkatsu_gunnshi_0003a.jpg

 
ここは「食の軍師」好きの友達とも同じ意見だったんですが、結構食ってんじゃねーか!!普通に食ってんじゃねーか!!
普通じゃん! かやくご飯だけ、ならまだしもワカメ蕎麦つけてる時点でガッツリいってんじゃん!!
久住昌之原作の主人公はゴローちゃんといい、みんな大食漢なのだろうか?
 

tonkatsu_gunnshi_0003b.jpg

 
前置きが長くなったんですが、要はこういう感じで豚カツにかなり精神を集中させてるわけですね。
作中では「ダンドリくん」なんて呼ばれてましたが。
で、まあそんな本郷がトンカツをいざ食い始めるときに発揮するそのダンドリ、というのがまた面白い。
 

tonkatsu_gunnshi_0005a.jpg

 
ご飯味噌汁は後回しにし、まずはビールでロースかつ定食を味わうのが本郷流。
 

tonkatsu_gunnshi_0007a.jpg
 
tonkatsu_gunnshi_0007b.jpg

 
6片の輝かんばかりの豚カツを前にリアクションも最高潮にノってきた本郷ですが、この6切れを如何にして味わうか?
 
 
①まずは二番目に小さいカツに当たりをつけて、レモンと塩で食せ!
 

tonkatsu_gunnshi_0007c.jpg 
 
tonkatsu_gunnshi_0007d.jpg

 
まずはレモン塩だぜヒャッハー!!
自分は今まで豚カツが来たらとりあえずソースを全部かけてから食べ始める、こだわりも何も無い無粋なヤツだったわけですが、本郷さんはまず一口目は塩とレモンだという。
 

tonkatsu_gunnshi_0008a.jpg

 
らしいですよ奥さん。
実際食べてみたんですが、確かに熱々の豚カツを塩とレモンで食べるのは肉の旨味が引き出されていい感じだった。
本郷は最初のカツはビールのアテにしてるので、おつまみ的な食べ方ですが、自分はすぐご飯食い始めてたからこういう食べ方はしてなかったなー。たしかにビールに合う。
うめえ!!
 
 
②端っこのカツは「ウスタジャブジャブカラシベッタリの計」でおとせ!!
 

tonkatsu_gunnshi_0009a.jpg

 
とんかつソースではなく、あえてウスターで攻める本郷。
駄菓子感覚!!と本郷は言ってますが、たしかにこれは駄菓子に通じるものがある。本郷さんはこれもビールのあてにしてるので、ここまでおつまみ的な感じで攻めてるわけですね。
これはビールが進むわい。まいうー!!
 
さて次のカツに進む前に、実は本郷さん、②の前にひとつの策を文字通り寝かしている。
 
 
③もう一方の端のカツはとんかつソースで寝かし、ヅケにすべし!
 

tonkatsu_gunnshi_0009b.jpg

 
こりゃあ何ちゅう計略じゃあ…。孔明じゃ…孔明の再来じゃあ…。
②の前に策を仕込む本郷!
これは読んでるときも。おお!なるほど!と思った食べ方ですが、たしかにソースがしみたカツは美味い!タイミング的に②のウスタジャブジャブカラシベッタベタを食べる前にソースをかけておくみたいですが、寝かし目的なら一番最初でもいいかもしれんですね。
 
そしてそろそろご飯が欲しいなー、という所で本郷もここで白米味噌汁の援軍投入。
 

tonkatsu_gunnshi_0010a.jpg

 
いちいちこういうコマが挟むのが、この漫画の面白いところなのです。
 
そして残るは3切れ…本郷は一体どのようにこの3切れを調理するというのか?
 
 
④⑤⑥ 豚下三分の計で天下をとれ!!
 

tonkatsu_gunnshi_0011a.jpg

 
残りのカツ片のうち、ヅケを除いたカツは3つ。
それを
④醤油カラシ
⑤塩カラシ
⑥ソースカラシ
で食べる!これを三国志になぞらえ、「豚下三分の計」と呼ぶ!呼ぶんだ!
自分は今まで生きてきて一切そんなことは聞いたことないけど、本郷がそう呼ぶって言うならそうなんだ!!
 

tonkatsu_gunnshi_0011b.jpg

 
いや、やっぱ聞いたことねーよ!!!おかしいよ!!
まあ、そういうのにイチイチつっこんではこの漫画は読めないので諦めてください。豚下三分の計って呼ぶんです。
 

tonkatsu_gunnshi_0011c.jpg

 
醤油カラシは初めて聞いたんですが、実際食べてみたら悪くない、というか美味しい。醤油も合うのか豚カツ…。正直豚カツのポテンシャル舐めてたわ、すげえな。
白い飯にもあうぜ!と本郷さんが言ってますが、これは美味しかったですね。
 

tonkatsu_gunnshi_0011d.jpg

 
①の塩レモンと同じと思いきや、今度は肉の断面に塩を振った後、カラシをつけて食べる高等テクニック。
たしかに衣にかけるより肉の旨味が引き出される感じがする。ソース・醤油と来て濃いめに口が慣れてきたあたりでシンプルなのをぶつけてくる本郷さんのトンカツバトルの組み立ては流石や。
 

tonkatsu_gunnshi_0012a.jpg

 
はい、また本郷さんがどこかに行ってしまわれてますが、何を言いたいかは全くわからないけど何となくわかるという感じ。この人はイチイチこんなことばかり考えながらご飯を食べてるの? ええ、もうデビュー作からこの人はこうなんで…。
 

tonkatsu_gunnshi_0012b.jpg

 
そして最後に③で寝かせておいたヅケの登場じゃー!
こんなの美味しいに決まってるじゃない!! ええ、美味しかったです。最後にこれが来るとかラスボスの登場の雰囲気すら漂う風格ですが、あまりの美味さに円環の理に落ちるところだった。
 

tonkatsu_gunnshi_0013a.jpg

 
そういうわけで、今夜は本郷流豚カツの食べ方を実践してみましたが、わりと味の流れが起伏に富んでて飽きずに食べることが出来ます。10代のころはいかに少ないカツ片でご飯をおかわりできるかに命をかけていたrabitbikeさんですが、こうやって色々とバリエーションに富んだ食べ方をするのも楽しいですね。他にやることないんですか。
 
 
そんなわけで今日はトンカツ食って満腹ですたい。
トンカツ回も収められた泉昌之の「食の軍師」。他にもおでんやら蕎麦屋やら焼肉やらお弁当やらの、本郷さんの無駄なこだわりが全編にあますところなく収録された、泉昌之イズムあふれる一冊なので、読んでみて損はない面白さですよー。
 

tonkatsu_gunnshi_0013b.jpg

 
ここでは最後しか出番が無かったけど、力石というライバルも登場して、本郷の一人相撲を眺めるのも面白い。
最初はもつ焼きの店で酔っ払った本郷が、力石に絡んだところから始まる二人の奇妙な縁は、最終的になぜか一緒に岡山まで旅行しに行く仲になるという、「お前らなんでいつの間に仲良くなってんだよ!」と、「食漫」連載中は読んでて驚愕したものでした。
「食漫」、去年の冬に休刊しちゃったんだよなー。また読みたいのに。
 
そんなわけでみんなもトンカツ食え。うめえぞ!

 
Category | マンガレビュー
   21:45 | Trackback:0 | Comment:5 | 
 
 
 
 
 
Comment
 
 訓練された変態 [URL] #-
もしかして夜汽車の男?
夜汽車の男ではないですか!
テレビで観たのは何年も前ですが、今でも凄く印象に残っています。最初は意味がわからなかったのが、次第に引き込まれていって、最後のイカリング話なんかは・・・もう・・・・・・!
こんな原作があったとは知らなんだ・・・//

なんだかもう素晴らしいとしか言いようがない迫力ですね。
食事と三国志のコラボなんて・・・今までこのマンガを知らなかったことが悔やまれます。

>とん汁ととんかつではブタがダブり実は余計
「孤独のグルメ」の読者なら思わずニヤリですね!
  2011.05.11 Wed 18:16 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  2011.05.11 Wed 21:54 [Edit]
 rabitbike@管理人 [URL] #Vdz.lraQ
>訓練された変態さん
>夜汽車の男ではないですか!
そうそう!夜汽車の男ですよ! あの話はよかったですよねーw 最初ホラー調で始まるのに、やってることは弁当食うだけという(笑)
それの原作が泉昌之のデビュー作「夜行」なんですよね。考えてみると本当に昔からこういう話を作ってきてるんですねー久住さんはw
  2011.05.12 Thu 01:42 [Edit]
 花の精 [URL] #YqzQT8Bs
夜汽車の男なつかしいw
あの回たまたまビデオに録ってたから、今でもたまに見てるw
  2011.05.13 Fri 20:17 [Edit]
 カイグリ [URL] #-
本郷って、もうちょっと若い感じでダンドリくんにも出てますよね。
スターシステム?w
  2011.10.15 Sat 15:32 [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
http://rabitbike.blog59.fc2.com/tb.php/1002-e5443bf4
 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。