QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

世界樹の迷宮Ⅲはじめました。設定づくりが楽しいんだよね。

遅ればせながら世界樹の迷宮Ⅲを購入。先週の日曜からボチボチやっております。

で、今回のパーティーメイクなんですが、Ⅱの時は全員女の子のキャッキャウフフな百合パーティーでGO!だったので、今回は真逆のオッスオッスな感じで行ってみようかと思い、全員男、ウォリアーやらバリスタやらのガチムチな方向でやってみたら、びっくりするぐらい楽しくない

 

 

ステータス画面を開けば汗臭い冒険者たちが雄マントルコしてるし、なんかもう嫌になってきたんだよパトラッシュ。

挙句の果てに、採集係としてショタファーマーを入れて迷宮を練り歩けば、見た目は完全に「農場主のお坊ちゃんを誘拐してきた山賊一味」

何時間かそのパーティーでプレイした後、もう無理だと悟ってギルド総入れ替えに着手。

やはり可愛い女の子が必要だ、という当たり前の事実にようやく気づきました。大切なことだったんだね。

 

 

 

で、キャラクター画を見ながら気に入ったキャラを入れていって、こんな感じに。

 

P1040554a.jpg  

 

ゲームリセットせずにパーティーを作り直したために、開始時の500エンは前のパーティーで大方使ってしまった後。したがって、新パーティー開始時の所持金はたったの50エンという事態に。

装備揃えられねえよ! モンスターを倒して素材を集めるも、装備が貧弱すぎて一回潜って稼げる金額はせいぜい20エン程度。やべえ、金がねぇ…。

というわけでなんとなく自分の中で「貧乏パーティー」のイメージが固まる。

なんで貧乏なんだろ→国が滅ぼされたから落ち延びてきた姫一行ということにしよう、というわけで動かしてるうちにギルドの脳内設定が。

 

 

 

P1040431a.jpg 

 

小国で蝶よ花よと育てられたお姫様。悪どい大臣によって国を乗っ取られ、王家一族は逃亡して散り散りに。

とりあえず生活していくため&一攫千金で国を取り戻せるだけの金と力を夢見て冒険者に。

世間知らずですぐ調子に乗るタイプ。厳しい冒険者生活は、彼女を人間的に成長させるのであろうか。どうなんだろうか。

 

 

 

P1040537a.jpg 

 

P1040545a.jpg 

 

お供のモンク2人組。

祖父とその孫娘で、王家に仕えていたがクーデターによる逃亡の際、姫に付き従って、彼女を守護しながら流れ流れてこの国へ。

二人とも楽天的な性格で、いきなり「冒険者になりますわ!」と言い出した姫についても、「まぁ、長い人生だしこういうこともあるだろう」ぐらいしか考えていない。

孫娘は幼い頃から姫のお付きでいたので、姫のことを妹のように見守っている節がある。豪快でサバサバした性格。

爺の方は最近ちょっとボケはじめているが、年の功でパーティーを導いたり導かなかったり。

 

 

 

P1040514a.jpg 

 

前述の山賊一味に連れ去られた(笑)ところを、たまたま通りかかった姫一行に助けられた豪農の跡取り息子。

1階層での伐採で、「しなる枝」「椰子の幹」等をゲットするなどして、一気に150エンを稼ぎ出し、パーティー最初期の金欠の危機を救う。そのあまりのレインメーカーっぷりに姫&モンクがしがみつきながら「仲間になってくれ!」と頼みこまれて…。

「国を取り戻すんですわ!」という熱く燃える姫の言葉に感銘を受けたのが10%。 姫一行のあまりの貧乏っぷりと脳天気っぷりに、「ボクがついていかなきゃダメになる」と危機感を覚えたのが90%で姫一行に加わることに。そんで姫様に淡い恋心を抱いている、ということにしよう。

 

 

P1040528a.jpg 

 

ショタファーマーの幼馴染。いきなり現れてショタファをかっさらっていった姫のことが気に入らない。

べ、別にショタファーマーのことなんて何とも思ってないんだからね! というわけでショタファにくっついて姫一行に加わることに。

その経緯からよく姫と張り合ったりもするが周りは、「喧嘩するほど仲がいいんじゃのう」というモンク爺の言葉を真に受けて「またやってるよ」ぐらいにしか思っていないのが辛いところか。

冒険終盤には憎まれ口を叩きながらも、よきライバル、みたいな感じで姫との仲も良くなってればいいよね。 

 

 

とりあえずそんな感じで、うちのギルドは迷宮をウロウロしています。

このシリーズは、たまにゲーム本編よりも脳内設定をいじくりまわしているほうが、楽しい時がある。

様子を見て、そのうち「姫さま~!」な女ファランクスやら、ショタファーマー的に乗り越える壁であり良き兄貴となるバリスタ男やらを随時加入していこうと思っています。

 

 

 

非力ゆえに戦闘では役に立てないショタファーマーが、自分の無力さに悩んだりして悔しい夜を乗り越え、とうとうサブクラスでファランクスを取得。

「姫さまは…ボクが守ります!」と身を呈して自分を守る姿に、今まで弟のようにしか見ていなかったショタファの意外な一面を見せつけられ、姫さま不覚にも胸キュン、とか。

そして徐々に絆を深めあう姫とショタファーマーに、幼馴染のゾディ子がだんだんヤンデレ化。

最終的に光を失った目のゾディ子が、「あなたが…あなたがいなくなればいいのよ!」ナイフで姫に斬りかかったところに、横から現れたショタファーマーがディバイドガード

ショタファーマーが身代わりとなり、腹に刺さったナイフを見てゾディ子は顔面蒼白になってペタンと座り込んでしまう。「そんな、こんなつもりじゃ…」

そして姫様は泣きながらショタファーマーの脇腹から溢れ出る血を抑えようとするも、ショタファの体温はゆっくりと下がっていって…。

 

 

という展開になるかもしれない、うちのギルドです。

そうならないように頑張りましょう。 はい。

スポンサーサイト
 
Category | ゲーム
   22:08 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。