QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

Fate / stay night 劇場版 UNLIMITED BLADE WORKS感想

Scan10735a.jpg 

昨日は池袋まで行ってfateの劇場版見てきました。

帰りはラーメン二郎食ってきた。死ぬかと思った。

 

 

感想:

もうずっと戦闘シーンを見てたいよぉ…。

とか切なげに言ってみたり。

 

戦闘シーンがマジヤバイ。色々なところで、バトルが凄い良く描けてる、みたいな感想を見てたので、かなり期待して行ったんですが、結果として自分の予想を遥かに上回る迫力。

英霊どもがどいつもこいつも戦略級兵器の戦闘力で噴く。なにあのカラドボルグ、殆どミサイルじゃねーか!

 

アーチャーもランサーも士郎もバーサーカーも遠坂もキャスターもアサシンも金髪バカも、バトルでまあ動くこと動くこと。

スクリーンを所狭しと駆け巡る英霊たちですが、エフェクトがかかったその動きは相応の重量感を演出してて、何と言うか見てて気持ちいい。武器同士が激突したときの腹に響いてくるような衝撃。100分まるまる戦闘でもいいくらいもっと見てたかったかもしれない。

見せ場となる宝具のシーンも、自分の中のイメージを上回る凶悪さで、まさに敵をなぎ倒す! というアドレナリン上昇必至の演出。熱くならざるをえない。

 

あと、それを盛り上げる音楽も良かった。

スケール感を感じさせる交響曲で、fateの世界観にばっちり。サントラ欲しくなったもん。

 

 

それと、俺は初めて気付いたよ。

遠坂は可愛い。

衝撃の事実。

いやUBWって凛ルートですからね。もちろん遠坂がメインヒロインで頑張ってるわけですけど、当時のrabitbikeさんはアーチャーが█████とか、士郎の魔術回路が██████に目が行ってて遠坂の可愛さに気付かなかった愚か者でした。なんてこった。

でも劇場版って凄いねえ。

スクリーンいっぱいに映し出される遠坂の勇姿やらガンドやら照れ顔やら絶対領域やら。

というか絶対領域。なんというか絶対領域

恐ろしい威力でした。宝具なみに。

 

 

 

ただ、初見の人にはおすすめできないかもしれんです。

パンフで監督が「30時間の内容を100分に詰め込んだ」と語る通り、TVアニメ版、もしくは原作をプレイ済みでないと、何が起こってるかわからない箇所がいくつか。

とくに冒頭の、いわゆる「共通ルート」のシーンなんてかなり端折られてて、ダイジェストみたいになってるし。多分初見の人は理解できない。

映画の内容も、「原作の見せ場を強調する」という方針で作られてるような感じを受けた。シーンとシーンのつながりがたまにぶちぎられて、すぐ別のシーンになってたりするところも…。

まあ、しょうがないのかな。ちょっと駆け足の感は否めない。

  

 

繰り返して言うけど戦闘シーンのハンパねえさ加減は本物。

スクリーンで見ると更に倍率ドン!かも。作画も全編気合入りまくってるので、遠坂の可愛さももちろんですが、セイバーの美人さはハンパねえですよ。

女子の方々もアーチャーとか金髪バカ目当てに見に行ってもいいかもしれんです。

ちなみに僕の前で見てた女子2人連れは、映画終わった後「アーチャー犯してえ」って言ってました。

なるほど。

さすが池袋。

スポンサーサイト
 
Category | 映画
   21:21 | Trackback:0 | Comment:2 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。