QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

そういえば昨日の帰宅途中、本屋で巫女服を着たおっさんを見たんだけど

そういえば昨日の帰宅途中、本屋で巫女服を着たおっさんを見たんだけど、

 

 

と書いてから、何かすごく嘘っぽい書き出しだなと自分でも思ってしまった。

でも本当のことなんだ。

とにかく事実だけ書く。僕は昨日帰りに本屋に寄ったんだけど、そこには異様に目立つ赤と白のコントラストが眩しい衣装を着た人がいて、つまりは巫女服↓

miko01.jpg 

を着たおっさん、がいたわけで。

 

 

思わず悲鳴をあげそうになりました。

 

 

顔は本当に普通のおっさん。ちょっと天パ入った短髪でガッチリしてて髭が濃そうなおじさん。30代後半か、あるいは老けた20代か。

そんな普通のおじさんが巫女服着て本屋にいりゃあ俺も見るさ。周りの客も見てたさ。

本当に異様なぐらい目立ってたんだけど、その巫女おじさんは意に介することなく悠々と漫画コーナーを物色しておられました。

東京は怖い街じゃ…。もし日常的に巫女服を着てる人なら恐ろしすぎる。田舎育ちのrabitbikeさんには刺激が強すぎなんだぜ。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

まあ巫女服を着る趣味の人間がいたっていい。

「雨の日、傘を差さずに踊る人間がいてもいい。自由とはそういうことだ」ってどっかのネゴシエイターも言ってたし。

 

実はその日の夜、「東京マラソン」の事務局からフルマラソンの落選通知をメールで受け取ったんだけど、巫女服おっさんのせいでかなり動揺してたので、落ちたことについてあまり残念に感じなかった。それよりインパクト強いの見たせいで。

まさに「禍福はあざなえる縄の如し」であった。

ありがとう巫女おじさん。

スポンサーサイト
 
Category | 日記
   23:35 | Trackback:0 | Comment:2 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。