QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

アメコミ映画、その設定の特殊さについて思いを馳せる日々

watchmen_smile.jpg  

 

「スパイダーマン」「ダークナイト」「ウォッチメン」「ハルク」「アイアンマン」等々と、ここ数年のアメコミ原作映画の躍進ぶりは目を見張るものが。

なかでも「ウォッチメン」はかなり特異な作品。

 

 「これは"ヒーローなんて真面目に考えたら馬鹿みたいですよね"、というところから始まったお話なのだと思います」 イン殺 - xx

 

この記事を読んで再度ウォッチメンの原作コミックを読み返す。再読して思うことはやはりロールシャッハ萌え。ロールシャッハかわかわ。

 

「フリークとしてのヒーロー。」

「あんなコスチュームに身を包んで犯罪者を、あるいは怪人を叩きのめすことを身上としてる彼らは間違いなく異常者に違いない。」

 

アメコミ原作の映画を見て思うのがやはり↑。

「フリークとしてのヒーロー」を描いてる点。そう、主人公である彼らは、一般市民から見た場合、ヒーローではあっても、「異常者・フリーク」としての敵側とまったく同じ土俵の人間として見られてることが多いんですよね。

特にそういった面を強調して描かれているのが「ウォッチメン」。

「ヒーローが現実世界にいたらどうなるのか?」という命題を元に、80年代の冷戦下における一連の事件を描いた本作は、まあ、そろいも揃って変態どものオンパレード。

自分だけの正義を巻き散らかす精神病院一歩手前(というか医者が必要なレベル)のロールシャッハを初めとして、「強い国家」「強いアメリカ」を体現するかのごとく暴力を行使するコメディアン。自分の理想とするヒーロー像と現実の世界における評価とのギャップに苦しむナイトオウル(ダニエル)。生まれに対して怒りを抱き続けるシルクスペクターに、マジモンのヒーローとしてのマンハッタン。そして複雑怪奇なオジマンディアス。

日本におけるキャラクター造詣では生まれてこないであろうヒーロー像ばかり。

 

しかし、このアメリカという国で、こういったヒーローが生まれていくのは興味深い。そこらへんの精神構造については、アメリカ合衆国憲法修正第2条が影響を与えてることは間違いないと思われますが。

だって日本じゃ、仮面ライダーやウルトラマンや戦隊たちは謎の怪人とは戦っても、銀行強盗やヤクザやクスリの売人とは戦わないもんなあ。

ヒーローは大体「悪と戦う」という題目を持っていますが、その悪とは何なのか。世界征服を企む謎の地下組織なのか、あるいは腐敗した公権力と結びつき裏社会を支配しているマフィアやシンジケートなのか。

そこらへんの設定の違いを考えるのも興味深いですね。

 

 

あと、日本とアメリカのヒーローの一番の違いってコスチュームを自分で作るか、あるいは与えられるかの違いじゃないかと。

アメコミは全体的に自分のコスチュームは自作派が多いけど、日本では殆どいないですよね。大体「変身!」して誰のデザインかどういう素材かわからないコスチュームを着るのが多いし。

そこらへんも「自衛権の行使の延長としてのヒーロー」=アメリカ、「天から与えられた使命・あるいは運命として敵と戦うヒーロー」=日本、の違いなんだろうか。

 

 

かなり乱暴な話になってしまったけど、ここらへんを突き詰めていくと文化論の話になりそうな気もする。そういうことが考えられる点でもやはりアメコミ映画は特殊だな、と思う。面白い。

「ウォッチメン」DVDも今秋にはリリースされるようだし。DVD出たら見返さないとね。

スポンサーサイト
 
Category | 映画
   22:11 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。