QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

ロールシャッハが好きさ 映画「ウォッチメン」感想

watchmen_guidebook.jpg 

 

ダークナイトといい、最近のアメコミヒーロー映画は当たりが続くなあ。

個人的にすごく面白かったんですけど、子供向けの単純なアクション映画を期待して観に行くと「???」で話の筋がよくわからなくなると思う。

 

一応、前知識として、50年代や60年代における東西の冷戦の基本知識ぐらいは知っていないと、この映画を理解するのは難しいです。

何も考えず、アクション映画を見るだけのつもりで観に行くと、映画館を出た後「???」ってなるかも。

キューバ危機やケネディ暗殺、ニクソン大統領やらベトナム戦争等の、アメリカ現代史の大まかな出来事も知っておくと理解が早い。まあ、「だいたいこんなことあったよねー」ぐらいの知識で十分なんで。

 

「ウォッチメン」の世界観ではヒーローが現実に存在する歴史をもち、かつ冷戦における軍備拡張が際限なく進み、デタントが始まっていない状況下の80年代の暗く、暴力的なアメリカが舞台。

そこで、一人のヒーローが暗殺されたところから事件は始まるわけですが・・・。

 

「誰が? 何のために? ヒーローを殺した?」

というクエスチョンを柱にミステリー風味で語られる、愛と憎しみの2時間半! ダークナイトに負けず劣らず長丁場ですが、あれか。アメコミ映画は長くしないと死んじゃう病でもあるのか。

しかし、そんな長い上映時間も気にならないほど、「濃すぎる」キャラ、設定、アクション。

かなり面白かったです。以下、ネタバレ感想。

 

 

(以下、映画のネタバレあり! 注意)

スポンサーサイト
Genre : 映画 映画感想
 
Category | 映画
   22:32 | Trackback:0 | Comment:5 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。