QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

絶対可憐チルドレン 第51話「桜花爛漫!じゃあまたね」

img1238289533115.jpg 

 

今回で最終回の絶対可憐チルドレン。春は! 春は別れの季節だけど出会いの季節でもあるから!

だから泣かない! rabitbikeさん泣かない!

だってコミックスでならまた、中学生姿のチルドレン達に会えるからネ! 最終回にして出血サービスのごとく中学生編への布石・新キャラを惜しげもなく登場させてくれたスタッフに感謝しつつ、第2期はいつかな? と思いをめぐらすわけです。いいじゃん第2期。やればいいじゃん。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

いやー、よかったね最終回。

まさかのAパート。ここで原作第1話のエピソードを持ってくるとは・・・、ニクいねースタッフ。やるねースタッフ。

しかしこのエピソードで皆本が語る「君はなんにでもなれるし、どこにでも行ける!」というのは、この「絶対チルドレン」という作品の骨子を貫くメインテーマですからね。卒業し、進学し、自分の人生をが進んでいくの感じているチルドレンたちに手向ける言葉としてはこれほど相応しいものもないでしょう。

 

そしてBパートでは小学校を卒業し、成長していくチルドレン3人。それにしても卒業式で「絶対LOVE~」なんて歌うような学校ってどうなんだろう。ダイターン。

 

さて、今回で最終回ということもあってか、いつもよりも小ネタ分が多めになっていますが。

特に原作における中学生編のネタが多めで原作も読んでいる身としては嬉しいかぎり。いや~、中学生編をアニメ化しても面白いんじゃない? 面白いよ? 面白いからやろう?

などとrabitbikeさんは思ってみたりもするわけですが。

 

小ネタといえば、このアニメってGS美神ネタも多かったですね。

今回も「極楽にいかせてあげるわ!」とか盛大に吹いた。rabitbikeさんの世代はそういうのにモロ反応してしまうのでもっとやってもらいたい。長い髪、悩ましげなBodyなんだぜ。

 

 

いやー、しかしホントに第2期いつかやってくんないかな。

ハヤテだって2回目のアニメ化するし。頑張れサンデーのメディアミックス担当の人。

そして椎名作品として「絶対可憐チルドレン」大ヒットなんてなったら、いつか「GS美神」2回目のアニメ化を・・・!

 

gs_chinonamida_animeka.jpg 

 

 

俺は信じてる。

 

 

[アニメ] [感想]

スポンサーサイト
 
Category | 日曜朝アニメ感想
   23:31 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

ゲゲゲの鬼太郎 第100話 最終回「さらば父よ!脅威の天狗王」

グリーンリバーライトはヘタレなエリートがよく似合うなあ。

というわけで、最終回だけど全然最終回ぽくないエピソードで、ひとまず今期の鬼太郎は〆でございます。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

え~、黒鴉回ですがなんですかね。このいつもどおりの内容。

黒鴉の実の父、黒雲坊が黒鴉の体をのっとり、天狗ポリスの長である大天狗を倒そうと企みごとをする回。

黒雲坊がCVぬらりひょんだったので、途中まで黒雲坊とはぬらりひょんの別名なのかと思ってました。なんだよ別人(別妖怪?)かよ!

 

今回の話の教訓は、「初めて会う本当の父親(と名乗る限りなく怪しい奴)の話を確認もせずホイホイ信じて騙されてしまうような、そんな多少間違えた育て方をしても最終的に愛があれば大丈夫」ということかな?親子愛は偉大だなあ。

緑川光演じるところの黒鴉がいい~味を出してます。最終的に生みの親より育ての親、ということで大天狗と感動的なハグを交わし、実父を滅ぼすことを選択する黒鴉。

結局、少しばかり親子の間ですれ違い・勘違いがあっただけだね~、で今回の話はまとめられちゃいそうなんですが、問題は今回が最終回なんだよ、ということ。

 

マジか。

 

四十七士だって24人しか集まってないし、ぬらりひょんだって倒してないし、バックベアード様だって倒してないし。

 

マジか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ホントに終わっちまうかよ~。

鬼太郎は毎週日曜の楽しみだったんだぜ~。

心のオアシスだったんだぜ~。

 

思い返せば2007年春より鬼太郎は我々視聴者の度肝をいい意味で抜き続けてくれました。

第1話の衝撃のねこ娘萌え化から始まり、常に我々の予想を裏切るスタッフ。

シリアスはどこまでもシリアスに。

怖い話は日曜朝なのに子供がどんびきするぐらい雰囲気たっぷりに。

バカ話はマジで脳みそパーン!な感じに。

面白かったです。ありがとう。

 

しかし今回で泣いても笑っても、とりあえずの最後です。今話で第5期鬼太郎は100話目。

文字通りの「百物語」を行ってからの幕となるわけで、いやはや芸が細かい。

名残惜しいけどバイバイなんだぜ・・・。

 

と思いつつEDを観ていたら鬼太郎さんがなにやら気になることを。

「今日でひとまずの終わりです」

また必ずお会いできると思いますよ」

「それでは皆さん、またね~!

 

 

 

フフフ・・・。そういうことですかい鬼太郎さん。

僕には鬼太郎さんの言わんとすることが手に取るようにわかりますよ。

これは第6期への予告と考えていいってことですね?

 

それにうちのblog名は「百物語おかわり」。

百の物語が終わってもおかわり! しちゃう俺なんだぜ。

 

鬼太郎さん!

俺・・・、待ってるから!

俺、みんなのこと待ってるから!

だから・・・、だから次を!

次の第6期をいつまで待ってるから!

 

そして僕は祈るんだ。

第6期になったら、今度こそ。

今度こそねこ娘がヒロインとして扱われますようにって。

願い続けるんだ。

 

 

[アニメ] [感想] [ねこ娘の最後の台詞が「いや~ん、バカンス!」の件について]

 
Category | 日曜朝アニメ感想
   22:16 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

何だか忙しい

土曜日は姉夫婦の引越しの手伝いに行き、日曜日は仕事で休日出社しなければいけないので今週末は何だか休んだ気がしないぞ。

 

というわけでrabitbikeです。

そーなんだよなー。明日は仕事なので鬼太郎も絶チルもリアルタイムで見れないんだよな。最終回なのに。

アニメはワイワイ実況しつつ見るのが楽しいというのに。

 

しかしせっかくの週末を何もしないまま流されるだけで終わってはもったいない、ということで先ほどレイトショーで「ウォッチメン」を見てきました。すごい面白かったのでそのうち感想でも。

映画はイクスピアリまで観に行ったんですが、あれだね。一人で舞浜駅からイクスピアリまでの道程を、ディズニー臭にむせ返りながら歩くのはちょっときついね。まあ、どうでもいい話ですが。

でもレイトショーが終わって0:00近くの人の少ないイクスピアリやら舞浜駅やらを歩くのはちょっと気持ちがいい。

普段は人で溢れかえるディズニーランドの玄関口も、終電近くでは結構人もまばら。電飾だけが光ってて結構ロマンチックなのですよ。

今度終電終わった後ぐらいに自転車で舞浜駅まで行ってみようかな、目的とかないけど。ディズニーのホテルはキラキラ眩しいので、真夜中の葛西臨海公園からでもはっきり見えるんだぜ。

 

それにしても今日は疲れた。おかげでぐっすり眠れそうですが。

 

 

[日記]

 
Category | 日記
   01:18 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。