QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

Syrup16gについて②

前回の記事 : 「Syrup16gについて①」

 

 

インディーズ時代から「Free Throw」「Copy」等で、独特の世界観を見せていたsyrup16g。

2002年にアルバム「coup d'Etat」でメジャーデビューを果たした彼らはそれから矢継ぎ早にアルバムをリリースしていく。

同年 「delayed」

2003年 「HELL-SEE」

2004年 「Mouth to Mouse」

2004年 「delayedead」

 

初期衝動の塊のような「Free Throw」「Copy」。 

「coup d'Etat」が攻撃的で、噛み付くような凶暴さと、毒を撒き散らかす破れかぶれさを発揮していることに比べ、「delayed」は幾分か穏やかだ。穏やかで静謐で、屈指の美しいメロディと、そして絶望に溢れている。

続く「HELL-SEE」。元々ミニアルバムとして製作されていたところを無理やり15曲ぶちこみ、価格は当初の設定のままの1500円で出すという、逆ギレにも似た出産経緯を経たこのアルバムは、自虐的で、そして暴力的だ。

そしてバンド初のシングルリリース(!)を間に挟み、「Mouth to Mouse」がリリースされる。諦め・諦観といった匂いが色濃く漂うこのアルバムには、世界の矛盾を打ち抜くような「パープルムカデ」、あまりにストレートなラブソングの「My Song」等が収録されている。

 

その後、インディーズ時代の楽曲を再録した「delayedead」をリリースし、日比谷の野音で「第1期syrup16g」の完結を標榜し、活動休止を宣言する。

この日比谷でのライブはDVDとしてリリースされている。僕はそこに行くことはかなわず、DVDでその姿を見たが、それでさえ背筋が寒くなるような凄まじいライヴだった。

鬼気迫る、といっていいような五十嵐と中畑とキタダの姿。

 

 

その後、バンドは長い休止に入る。

僕はその頃もう社会人になっていた。色んなことが起きる毎日。syrup16gを聞いてやり過ごしていたような気がする。

syrup16gの音楽を聴いているときは自由になれた。

活動休止を宣言した2004年10月から、syrup16gの時間は止まったままだった。年に何回か、たまにライヴ活動はするが、本格的に動き出すという気配はない。音源を出すという話も聴かない。そのくせ、曲だけは作られているらしく、まるまる新曲のライブ等もあり、僕はやきもきしていた。

はやく、はやくsyrup16gを聞かせてほしい。

今のような、どっちつかずの活動ではなく、syrup16gとして僕らの前に出て欲しい。

未発表の音源が積み重なっていく中、2007年にsyrup16gは「END ROLL」と題したツアーを行う。

このタイトルを見て、たぶんファンは薄々気付いていたような気がする。

ツアーの最終日、五十嵐が翌年3月の武道館でのライブを告知する。

一瞬沸く会場、だが次の言葉で冷水を浴びせたかのように静まり返った。

 

「それをもって、バンドを一旦、終了させてもらおうと思います」

 

半分予想された中での、なのに信じることができなかった解散宣言。

syrup16gの幕が引かれる、と五十嵐は言ったのだ。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

翌年、2008年1月にラストアルバム「syrup16g」がリリースされる。

最後にしてセルフタイトルのこのアルバムは、どこまでも異質だ。それは今までのアルバムを聞いていた人間からすれば明らかだった。

今までからすれば異質なほどポップ、どうしようもなく終わっていく寂しさ。今現在の心情を切り取ったかのようにドキュメントな歌詞。そこには、ある季節の終わりを歌うバンドの姿があった。

 

たくさんの歌

たくさんの思い出が

イマジネーション

体を突き抜けてく (イマジネーション)

破滅の美学なんかを

利用して

いざとなりゃ死ぬつもりだった (ニセモノ)

夢からさめてしまわぬように

夢の先のことを考えるのはやめておこう (夢からさめてしまわぬように)

 

 

最初にして最後の武道館ライブ。それだけはなんとしても見たくて朝からチケット屋に並んだけど、取れなかった。その後の追加席抽選で当てることができ、なんとか当日の切符を手にした。

 

2008年3月1日。

「Live Forever」と題されたラストライブ。

何もかもが異様だった。

その場にいた人間として言えるが、開始から空気がおかしかった。一体、この痛くなるほど重い空気はなんなのだろう。

僕の記憶では、最初の何曲かまでは、ずっと重いままだった。みんなsyrup16g解散という現実に対処しきれてないような気がした。

会場の空気が変わったのは「負け犬」で五十嵐がイントロをミスしたあたりからだったような気がする。

ギターをミスした五十嵐は、「負け犬だけに!」と叫んでまたやり直したが、そこから会場の空気が変わってきた。

曲の合間に「ありがとー!!」と叫ぶ客がいた。

僕も叫びたかったが言葉にならなかった。

syrup16gが終わる。もしかしたら五十嵐はこれで音楽を辞めてしまうかもしれない。

ただただ、最後が切なくて、悲しくて。走馬灯のように、今までリリースした多くの曲を演奏する3人の姿が眩しくて。

言葉にならなかった。

 

前回も書いたが、MCの後に鳴らされた「翌日」。僕はもう死んでもいいと思った。

これで終わるのならしょうがない、と。

この圧倒的な幸福感の中で死ねたらいいな、と一瞬だけ思った。

それぐらい「翌日」は圧倒的で、僕の胸に響いたのだ。

そして、よく出来たエピローグのように始まった「Reborn」

 

 

曲の途中で、客電がつき会場が真っ白になった。

 

 

「終わったんだ」と思った。

この美しい一瞬をもって、syrup16gというバンドは終わったのだ。

syrup16gのイメージカラーは黒か灰色だと思っていた。人を憂鬱にさせる、暗い色。

でも、本当はどこまでも眩しく、希望を求めてやまない清冽な白こそが、このバンドに相応しい。

 

そうしてこの日のライブは終わった。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

帰りは一駅歩いた。

そのまま電車に乗る気にならなかったから。

 

僕にとってあまりに特別すぎたバンドが終わってしまったことについて、考えを整理したかった。

確かにラストアルバムを聴いても、バンドが今までとは同じ方向を歩けないだろうことは一目瞭然だった。それは五十嵐自身の変節によるところが大きい。

「ロッキン・オン」「音楽と人」の五十嵐インタビューを読んで思ったが、五十嵐はsyrup16gというバンドと、自身の変化から生まれる軋轢に考えるところがあったのだろう。

syrup16gをsyrup16gとして、イノセントなものにしたかったのではないか、と今では思う。

しかし、それはあくまでも、ファンと自分自身と、そしてバンドに対して真摯であろうとした結果のように思える。

自分も周囲も、ごまかす事が出来ず、向かい合った結果の解散であったんだと今は思う。

だからsyrup16gの音楽は今でも永遠として、僕の胸に響いている。

 

 

最近、syrup16gの音楽を以前ほど聞き返すことが少なくなった。

転職して、以前の鬱になるようなストレスから抜け出したせいかもしれない。

年をとって、感性が変わったのかもしれない。

でも、たまにスピーカーから鳴らすその音は僕を惹きつけてやまない。

いつだってsyrup16gの曲を聴けば、ある種の感情が胸に湧いてくる。

 

これはこれで青春映画だったよ

俺たちの  (さくら)

 

syrup16gを初めて聴いたあの時から、長い季節はいまだ続いている。

僕の中の、上書きできないところでずっと鳴り響いている。

そんな気がする。 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇ 

 

 

【youtube】Syrup16g - 夢からさめてしまわぬように 

 

【youtube】Syrup16g - さくら

 

 

【youtube】Syrup16g - Reborn

 

 

 

[音楽] [syrup16g]

スポンサーサイト
Genre : 音楽 Syrup16g
 
Category | syrup16g
   12:52 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

Syrup16gについて①

好きな音楽について書く。

 

 

僕がそのバンドの曲を最初に聞いたのは大学生のときだった。

「delayed」と名づけられたそのアルバムのジャケットには夜の空を飛ぶ飛行機と、眼下に見下ろす街の灯りが眩しく写っていた。

初めて聞いたときは、綺麗なメロディだな、ということを思ったのを覚えている。

一聴してすぐ嵌まったわけではない。なのにずっと聞いていた。けして耳に心地いいメロディばかりではなく、不安になるような不協和音も混じったメロディと、ざらざらとした暗く、陰鬱な歌詞。

 

まるで、遅れて効く毒のように、気付けば全身に回っていたのだと思う。

 

syrup16g

奇妙な名前を持つそのバンドは、それからずっと僕にって特別な意味を持つバンドとなった。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

世の中は明るく楽しい人物が好かれやすいらしい。当たり前だ。誰が暗くて下ばかり向いているような人間を好きになるだろうか。

世間の価値観でいえば、ポジティブは素晴らしく、ネガディブは悪いこと。

前向きな思考をすべきで、後ろ向きは進歩がない証拠。

生きることは素晴らしく、人は誰かに優しく出来て、希望にあふれているべき。

 

それは一応、今の世の中の建前だ。あるいはハリウッド映画の、エンターテイメントの、ポップソングの建前だ。

 

 

でも、感情ってそれだけじゃないだろ?

 

 

「君の心の価値は薄い」と歌ったsyrup16gが、ある種の人たちに熱狂的に支持され、またはある種の人たちに忌避された理由もそこにあると、僕は思う。

 

明日を落としても 誰も拾ってくれないよ (明日を落としても)

土曜日なんて来るわけない (土曜日)

素敵な未来なんてもんは

初めからねぇだろう (末期症状)

空はこの上 天国はその上

そんなの信じないね (イマジン)

 

あるいは身も蓋もない自分自身。

 

最終回のドラマでぼろぼろに泣いた

思ってるより俺は 単純なようだ (遊体離脱)

多分楽したいのです

これからもしたいのです

誰よりもしたいのです

惜しみなくしたいのです (パッチワーク)

 

搾り出すように、歌われる言葉。

 

希望は誰かの手だ 俺はもっていない (愛と理非道)

 

作詞・作曲を手がけるのはvoそしてgtの五十嵐隆。

「小学5年で人生諦めた」「高校にあがってからはもう気分は完全に隠居」と語る五十嵐が生み出す音楽には、良くも悪くも華があり、そして毒があった。

そんな彼もたまに希望の歌を書くことがある。しかしよく聞くと、”希望”を歌うのではなく、”希望を求める自分”を歌にしているのが分かる。

 

遊びに来たなら話しよう

いつものみたいな発想の

少しはいなよ 長居していきなよ

近くに来たならノックしてよ (パレード)

どんな想いも 必ず私は胸に刻むから

遠ざかっても どんな時でも いつまでも (My Song)

喧騒も待ちぼうけの日々も

後ろ側でそっと見守っている

明日に変わる 意味を (翌日)

 

武道館でのラストライブ、アンコールで”翌日”を演奏する前に五十嵐が語ったことがある。

 

「明日は来ないね・・・。終わってしまうね・・・

 と、さっきひっこんだ時思ったんですけど。

 playerから、次の日が見える歌を一杯書いたので、

 ぜひ、気が向いたら聞いてやってください。

 じゃあ・・・これも、明日を書いた曲です」

 

そしてベルが鳴り響くようなギターのイントロと共に始まった”翌日”

 

僕はそのときその場にいて、そしてそのMCを聞いて、イントロを聞いて、「諦めない方が奇跡にもっと、近づく様に」と歌う五十嵐を見て、

 

 

 

 

初めてsyrup16gのことが分かった気がした。

 

 

 

 

何で気付かなかったんだろう。

「明日を落としても」「Reborn」「翌日」も、その他の曲も

未来を求めて、でも手に入るとは限らなくて、だからこそ必死にあがいて手を伸ばす曲なんだと。

なんで僕がsyrup16gを聞き続けてきたか、暗く陰鬱な歌ばかりの曲を聞いて安心した気持ちになったのか、分かった気がした。

五十嵐は、syrup16gは、希望も未来も、”すぐそこにある”なんて簡単に歌うことが出来ず、どこまでも音楽に対して正直であろうとしたんだな、と

そのとき思ったのを覚えてる。

だからこその解散だったのか。自分たちと、その音楽に対して誠実であろうとするための解散であったのか、と。

 

 

syrup16gは、さる2008年3月1日に解散しました。

それは、半分予想された軌跡であり、そして望まれなかった結果でしたが。

(次回へ続く)

 

 

 

 

【ニコニコ動画】Syrup16g - 生活 

 

【youtube】Syrup16g - 翌日 

 

【youtube】Syrup16g - 明日を落としても

 

【youtube】Syrup16g - センチメンタル 

 

 

 

 

[syrup16g] 

Genre : 音楽 Syrup16g
 
Category | syrup16g
   10:27 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。