QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

最近の。(OOOとハトキャ)

徹夜明け(何故か)で起きてたので、今週の日曜朝アニメはリアルタイム視聴。
基本的にライダーとプリキュアは外せないラインナップだが、腹が減ったのでカップ焼きそばとビールを飲みながら日曜朝の時間を過ごしていると、何だか遠くまで来たような気がする。
幼い頃は母親の作ってくれた朝ごはんを食べながらRXを見て、その後、家族でデパートにお出かけするのが楽しみだったな。それが今じゃ朝っぱらからビールかよ!やってらんねえな!(グビグビ)
 
 
まあいいや。(いいのか)
オーズは今週で4話まで見たが、やはりライダーは面白いなあ。個人的に今期のオーズは主人公組の油断ならない関係が面白くて好きだ。というか主役のエイジさんが、まさにヒーローって感じの、相当ハードな人生を送ってきたことを匂わせ、見ててスカッとする気持よさがあって好き。
あとアンクさんはどう見てもジョジョキャラだと思う。
第五部とかの殺し屋チームにいそう。
 
プリキュアは今週も大詰め。
いよいよゆりっぺがムーンライトに!という辺りの話なんだけど、ムーンライト関連のCVが軒並み90年代臭のする声優さんたちで固められてて、見てて妙な懐かしさというか安心感というかが漂う。
だってゆりっぺはCV久川綾
お供の淫獣はCV石田彰(!)
そして敵役のダークプリキュアはCV高山みなみ、という豪華出演陣。やっぱプリキュアさんの予算の組み方は一味違うでぇ…。
しかしハトキャの引きは毎回いいが、今週は震えたなあ。あんなのカッコ良すぎだって絶対。キュアサンシャインもそうだがムーンライト登場もたまらんものがあるな。
 
 
よーし、というわけで毎週日曜の日課終わり。
あとはビールの残りを消費だ!ワハハ。
スポンサーサイト
 
Category | 日曜朝アニメ感想
   09:18 | Trackback:0 | Comment:3 | 
 
 
 
 
 

来週のディケイドは「RXの世界」っつって、てつを本人が登場とか何があっても見逃せないと

d_25_021.jpg 

 

てつをーー!!!!

てつをーーー!!!!

てつをマジかっこいい。すげえ眼力だ。 

 

既に前々から噂は流れてましたが、次週のディケイドは「RXの世界」。しかも! てつをが光太郎役で出演というBLACK世代からすると嬉しすぎるキャスティング。

何!ディケイドのスタッフは俺をこんなに喜ばしてどうするの!

 

士(井上正大)、ユウスケ(村井良大)、夏海(森カンナ)の前に“霞のジョー”という男の命を狙うクライシス帝国の戦士ロボット・シュバリアンが現れた。たちまち戦闘員に周囲を囲まれてしまう士ら。
「霞のジョー?」。
 首をかしげていると光太郎(倉田てつを)が現れ、仮面ライダーブラックRXへと変身。士らの目の前で激しいバトルを展開する。

 そんな戦いにファンガイアとイマジンが途中参戦、さすがのRXも追い詰められてしまう。見かねた士はディケイドに変身、ファンガイアらを撃破し、RXのピンチを救う。

 どうやらここは「RXの世界」らしい。いったい何がどうなっているのか?
 士らは変身を解除した光太郎に事情を聞こうとするのだが…。

 

予告で見るかぎり、BLACKとRXの両方に変身するっぽいし。つーか、てつをの声で「BLACK!」「RX!」とかまた聞けるなんて思わんかった。興奮すぐる。

公式ページの「TRAILER」で予告動画が配信されてるので、今週見逃した人は要チェック!!

 

 仮面ライダーディケイド 26話予告

 

来週は何があっても見る。 

 
Category | 日曜朝アニメ感想
   09:41 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

絶対可憐チルドレン 第51話「桜花爛漫!じゃあまたね」

img1238289533115.jpg 

 

今回で最終回の絶対可憐チルドレン。春は! 春は別れの季節だけど出会いの季節でもあるから!

だから泣かない! rabitbikeさん泣かない!

だってコミックスでならまた、中学生姿のチルドレン達に会えるからネ! 最終回にして出血サービスのごとく中学生編への布石・新キャラを惜しげもなく登場させてくれたスタッフに感謝しつつ、第2期はいつかな? と思いをめぐらすわけです。いいじゃん第2期。やればいいじゃん。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

いやー、よかったね最終回。

まさかのAパート。ここで原作第1話のエピソードを持ってくるとは・・・、ニクいねースタッフ。やるねースタッフ。

しかしこのエピソードで皆本が語る「君はなんにでもなれるし、どこにでも行ける!」というのは、この「絶対チルドレン」という作品の骨子を貫くメインテーマですからね。卒業し、進学し、自分の人生をが進んでいくの感じているチルドレンたちに手向ける言葉としてはこれほど相応しいものもないでしょう。

 

そしてBパートでは小学校を卒業し、成長していくチルドレン3人。それにしても卒業式で「絶対LOVE~」なんて歌うような学校ってどうなんだろう。ダイターン。

 

さて、今回で最終回ということもあってか、いつもよりも小ネタ分が多めになっていますが。

特に原作における中学生編のネタが多めで原作も読んでいる身としては嬉しいかぎり。いや~、中学生編をアニメ化しても面白いんじゃない? 面白いよ? 面白いからやろう?

などとrabitbikeさんは思ってみたりもするわけですが。

 

小ネタといえば、このアニメってGS美神ネタも多かったですね。

今回も「極楽にいかせてあげるわ!」とか盛大に吹いた。rabitbikeさんの世代はそういうのにモロ反応してしまうのでもっとやってもらいたい。長い髪、悩ましげなBodyなんだぜ。

 

 

いやー、しかしホントに第2期いつかやってくんないかな。

ハヤテだって2回目のアニメ化するし。頑張れサンデーのメディアミックス担当の人。

そして椎名作品として「絶対可憐チルドレン」大ヒットなんてなったら、いつか「GS美神」2回目のアニメ化を・・・!

 

gs_chinonamida_animeka.jpg 

 

 

俺は信じてる。

 

 

[アニメ] [感想]

 
Category | 日曜朝アニメ感想
   23:31 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

ゲゲゲの鬼太郎 第100話 最終回「さらば父よ!脅威の天狗王」

グリーンリバーライトはヘタレなエリートがよく似合うなあ。

というわけで、最終回だけど全然最終回ぽくないエピソードで、ひとまず今期の鬼太郎は〆でございます。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

え~、黒鴉回ですがなんですかね。このいつもどおりの内容。

黒鴉の実の父、黒雲坊が黒鴉の体をのっとり、天狗ポリスの長である大天狗を倒そうと企みごとをする回。

黒雲坊がCVぬらりひょんだったので、途中まで黒雲坊とはぬらりひょんの別名なのかと思ってました。なんだよ別人(別妖怪?)かよ!

 

今回の話の教訓は、「初めて会う本当の父親(と名乗る限りなく怪しい奴)の話を確認もせずホイホイ信じて騙されてしまうような、そんな多少間違えた育て方をしても最終的に愛があれば大丈夫」ということかな?親子愛は偉大だなあ。

緑川光演じるところの黒鴉がいい~味を出してます。最終的に生みの親より育ての親、ということで大天狗と感動的なハグを交わし、実父を滅ぼすことを選択する黒鴉。

結局、少しばかり親子の間ですれ違い・勘違いがあっただけだね~、で今回の話はまとめられちゃいそうなんですが、問題は今回が最終回なんだよ、ということ。

 

マジか。

 

四十七士だって24人しか集まってないし、ぬらりひょんだって倒してないし、バックベアード様だって倒してないし。

 

マジか。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

ホントに終わっちまうかよ~。

鬼太郎は毎週日曜の楽しみだったんだぜ~。

心のオアシスだったんだぜ~。

 

思い返せば2007年春より鬼太郎は我々視聴者の度肝をいい意味で抜き続けてくれました。

第1話の衝撃のねこ娘萌え化から始まり、常に我々の予想を裏切るスタッフ。

シリアスはどこまでもシリアスに。

怖い話は日曜朝なのに子供がどんびきするぐらい雰囲気たっぷりに。

バカ話はマジで脳みそパーン!な感じに。

面白かったです。ありがとう。

 

しかし今回で泣いても笑っても、とりあえずの最後です。今話で第5期鬼太郎は100話目。

文字通りの「百物語」を行ってからの幕となるわけで、いやはや芸が細かい。

名残惜しいけどバイバイなんだぜ・・・。

 

と思いつつEDを観ていたら鬼太郎さんがなにやら気になることを。

「今日でひとまずの終わりです」

また必ずお会いできると思いますよ」

「それでは皆さん、またね~!

 

 

 

フフフ・・・。そういうことですかい鬼太郎さん。

僕には鬼太郎さんの言わんとすることが手に取るようにわかりますよ。

これは第6期への予告と考えていいってことですね?

 

それにうちのblog名は「百物語おかわり」。

百の物語が終わってもおかわり! しちゃう俺なんだぜ。

 

鬼太郎さん!

俺・・・、待ってるから!

俺、みんなのこと待ってるから!

だから・・・、だから次を!

次の第6期をいつまで待ってるから!

 

そして僕は祈るんだ。

第6期になったら、今度こそ。

今度こそねこ娘がヒロインとして扱われますようにって。

願い続けるんだ。

 

 

[アニメ] [感想] [ねこ娘の最後の台詞が「いや~ん、バカンス!」の件について]

 
Category | 日曜朝アニメ感想
   22:16 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

絶対可憐チルドレン 第50話「一意奮闘!オーバー・ザ・フューチャー」

img1237684133260.jpg 

「僕は薫ちゃんが好きなんだ。愛していると言ってもいい」

 

少佐のロリコンぶりは極まりすぎて逆に爽やかなんだぜ。

はあ・・・。マジ少佐の変態発言は心に染みいる春の風。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

というわけで皆本チルドレン後編終了。

これ最終回でもよくね? ってぐらいに綺麗にまとまってましたね。

 

皆本の心の傷を狙う少佐ですが、チルドレン+大人皆本の心の声で踏みとどまる皆本(小)。

結局、チルドレンも「超能力という自分が持つ桁外れの力にによって疎外感を感じている子供たち」であるのに対し、皆本もまた自分の能力振り回された子供時代を送っているんですよね。

そこを潜り抜けてきた皆本だからこそ、チルドレンが感じている寂しさや苛立ちを上手く中和できる。チルドレンたちに昔の自分の姿を重ねているんだろうなきっと。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

img1237685232906.jpg 

次回は最終回!

うおおおおお!! 中学生姿うおおおおおおお!!!!!

 

 

1237685366245.jpg 

育ってるWRYYYYYYYYYYYYYYY!!!!

でも一人だけあんま変わってないィィィィィィィィィィィ!!!。

しかし史上最貧こそが、最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も恐ろしいィィ マギィーーーーーーッ!

 

 

1237685601625.jpg

髪が伸びた薫・紫穂。成長してます。

葵は・・・、なんか悲しくなってきた。

紫穂は相変わらず可愛いです。可愛さがアップしてます。踏んで欲しいです。

 

 

dio101a.jpg  

紫穂の可愛さは凶器だと思う。

わりとマジで。

 

 

[アニメ] [感想]

 
Category | 日曜朝アニメ感想
   11:09 | Trackback:1 | Comment:0 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。