QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

雛見沢症候群の疑いが

まったく一週間ぶりの仕事は疲れるぜい。亭主のお帰りだー!!肩を揉め!

等と関白宣言をしてみても一人暮らしだから関係ねえや。大体、関白宣言てなんだよ意味わかんねえ。刀狩でもやっちゃうのかよ。どうなんだよ、と呟いてみたら妻の溜息。

もうあなた、仕事の疲れをそのままブログに持ち込まないでって言ったでしょ。

何だとお、誰のおかげで飯が食えてると思ってやがる!(バシーン!)

痛ッ!殴ったわね!もう我慢できないわ、アタシ実家に帰らせて頂きます!

おう帰れ帰れ!どこへでも行っちまえ!

キーッ!!もう離婚だわ!

(エーンエーンと泣く子供の声)

アッ、rabitbikeが泣いていやがる…。すまん、お前、殴ったのは悪かったよ

いいのよ、いつもの優しいあなたに戻ってくれれば。私たちにはrabitbikeというかけがえのないエンジェルがいるのよ。喧嘩なんてしたらこの子が悲しむわ。

悪かったなあrabitbike。うんうん、泣き声も元気でいいや。わんぱくでもいい逞しく育っておくれよ…。

 

 

 

わんぱく宣言。

 

 

 

よーし、もう寝る。

スポンサーサイト
Genre : 日記 日記
 
Category | 妄想
   23:08 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

盛岡への心構え ~ 必読!わんこそば攻略法!

明後日、僕はわんこそばを食いに盛岡に行ってるわけですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

というか昨日からゴールデンウィークのはずだったんだよ俺は! でも何故か今日も出社してんだよ!

むぅ、休日出社…。SEだった頃はよくやってたけど。まあ、明日は休みもらえたからいいや。

世間のニュースなんか見ると今週と来週を全部休んで16連休なんて人もいるらしいですが、どうするんだろうねそんなに休みをもらって。バイトとか?(学生じゃないんだから)

 

 

とにかく2日には盛岡に行ってわんこそば食いに行くわけなので、旅のメンバーであるyukiくん(プロデューサー)とmasaくん(マスター)は今からでも胃拡張を行っておくこと、という業務連絡をblog上でしておこう。

今から宣言しときますが俺は100杯は食うからね。マジで。

マジでマジで。

何つったってrabitbikeさんは蕎麦どころ信州の生まれだ。

産湯の代わりに蕎麦湯につかって出てきたような男だ。

上京してからも長野のことは一時たりとも忘れたことがない、生粋の信濃っ子ですよ。

長野県歌だって歌えますよ?

そんな俺が。そんな俺が盛岡の蕎麦に負けて帰るわけにはいかないんだよォォォーーーーッ!!!

いうなれば俺は18世紀末、エジプトに戦いを挑んだナポレオン軍なのだ!

歴史が俺を見下ろしてんだよォォォ―--ッイ!!

いかなる生涯においても、栄光はその最後にしかないのだ…。俺はやるのだ…。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

という感じで気合は充分なrabitbikeさんです。がんばります。

100杯食うと認定証だか何だかがもらえるので、是非それはゲットしておきたいのです。

 

ところでわんこそばというのはご存知のように給仕の人がいて、わんこにそばをポイポイと放り込んでいくスタイルなのですが、重要なのは「自分の椀にフタをするまで終わりにはならない」という謎ルールがあること。

職場に経験者がいたので詳しく話しを伺ってみると、「もうお腹いっぱいなのに、給仕のお姉さんがどんどんそばをいれていくからなかなか終われなかった。つらかった」と涙ながらに語ってくれたのです。なんと恐ろしいシステムなんだわんこそば!!

JOJO風に説明すると

 

◆ 

終わりがないのが『終わり』…。まさにゴールド・E・レクイエム…。

rabitbikeは決して、『真実(ごちそうさま)』に辿り着くことはない…、永遠に…。

 

「お、俺のそばに近寄るなぁぁーーッ!!!」

そう…、蕎麦だけに…。『そば』に近寄るな…、これは只の…、ダジャレ…。

 

となります。さすが、JOJOでたとえるとわかりやすいなあ。これでみんなもわんこそばのシステムはバッチリだね!!

とにかくシステムに関しては上記の通りなんですが、要は攻略法ですよね。わんこそばの。

それを編み出さない限り、僕らはわんこそばに殺されるといっても過言ではないでしょう。

 

灰色の脳細胞が全て死滅しているとの噂も名高いrabitbikeさんが3分ほどかけて「いかにして、給仕のお姉さんにそばを入れられる前にフタをしめるか!?」を考えたんですが、つまりは給仕のお姉さん(サーブ側)とわんこそばを食う僕ら(プレイヤー側)の間には隠しきれない圧倒的不利な点が存在することに、まず僕は気付きました。

終了のジャッジがなされるまでのアクションを考えると、それは明白です。

 

~終了までの流れ~

プレイヤー側 :

1.そばを食う

2.箸を置く

3.フタをとる

4.フタをしめる

 

という、4ステップが必要なのに対して

サーブ側 :

1.椀にそばを「そおい!」する

 

と、1アクションでプレイヤーの希望を粉々にすることが出来るのです。

ワンアクションで、椀アクションだけに。

 

そこで我々プレイヤー側も動作を短縮させる必要に迫られるわけですが、ここでrabitbikeさんブレイクスルーしました。

「箸とかいらなくね?」

箸を使って食うから、

2.箸を置く、3.フタをとる、4.フタをしめる

が必要になるのであって最初から箸を使わなければ1ステップ、ショートカットできるのです。

更に思考を進めて、「フタで食えばいいんじゃね?」

箸の代わりにフタを使う。発想の転換。コペルニクス的大回転。まさに現代科学の勝利。

これで初めからフタをもっていることになるので、「フタをとる」の1ステップが省略。

更に思考はスパーク、「別にそば食わなくてもいいんじゃね?」

そばを食べるから、空いた椀にそばを入れられるのです。

そばを食べなければそもそも争いが起こらない。これこそ戦国の剣聖・上泉信綱が辿りついた「無刀」の境地。天と地の間に俺がいる。

 

よっしゃあ!! これで勝利は俺のもの!!

待ってろ盛岡! そば食わねえから!! 俺の勝ち!!

 

 

[日記] [やったねrabitbikeさん!]

Genre : 日記 日記
 
Category | 妄想
   20:21 | Trackback:0 | Comment:4 | 
 
 
 
 
 

ハードボイルドめし~傷ついた男がなんたらかんたらでハードボイルドに食事をすること

傷ついた男の魂がうんたらかんたら言ってもとりあえず腹は減るわけで。

 

rabitbikeさんは「ハードボイルド」的な「ハードボイルドなるもの」にやたらな憧れを抱いてしまう人間なのです。

いいじゃない男の世界。かっこいいじゃないハードボイルド。

rabitbikeさんがウィスキーを飲み始めたのもチャンドラーの小説を読みながら、という実に分かりやすい理由。恥ずかしい~!

 

まあ、この中2病的な嗜好は一生変わらないだろうな、と思いつつ今日もハードボイルド的なものに思いを馳せるわけです。

しかし憧れてはいますが、実際ハードボイルドの主人公になれるよ、と持ちかけられてもたぶん断ってしまうでしょうね。だってキツそうじゃん。

傍から見てる分にはいいけど、実際にその立場になったらキツいんだろうなあ。なので僕は映画や小説だけで満足なのです。ハードボイルドは好きだけど、ハードボイルドな人生は送りたくない。

しかしそんなハードボイルドものでも、実際に体験してみたい、やってみたいことは幾つかあります。

そのうちの一つが食事。

 

孤独のグルメのゴローちゃんじゃないけど(考えてみるとあれもハードボイルドなるものに憧れを持っている作品だな)、食事とは癒しであり、ハードでタイトな一日のうち、数少ない心休まる時間なのです。

したがってハードボイルドの主人公たちも色々メシを食います。様々な場所で様々な物を。

 

 

◆ バーで出てくる上等のあばら肉とヨークシャープディングだったり

◆ アパートメントで、ナイフで切ったソーセージをパンにはさんだものだったり

◆ 身も切れそうな寒い夜に食べる、唇が焼けそうな程熱いアイリッシュシチューだったり

◆ 炎天下の昼下がり、レストランで出される分厚いステーキとつけあわせのマッシュポテトだったり

◆ 焚き火を囲みながら、錫のフライパンで焼かれるベーコンの塊だったり

 

 

美味そうに食ったり、つまらなそうに食ったりと登場人物はその時の感情で様々な食べ方をしますが、共通しているのは”ガツガツ食う”こと。

丁寧に食べてても、静かに食べてても、感情描写がなくても伝わってくるのは”ガツガツ”した感じ。男は飢えた獣なんや!

ハードボイルドに出てくる男たちは皆、大なり小なり何かしらに追いつめられています。ハードボイルドの食事作法では、そのせっぱつまった感じが食事にも出てくるのかな。

 

 

で、ハードボイルドに憧れるrabitbikeさんもそんな風にハードボイルドなメシを食いたいな~。

なーんて思ってみても、しかし生き方がそもそもハードボイルドとは程遠いrabitbikeさんは、そんな風に憧れてもどんな風に食べればハードボイルドになるのかわからないわけで。

とりあえず、今日の晩飯は桃屋の”やわらぎ”を飯の上にのせて”ガツガツ”と食べました。どうですかハードボイルドですか?

たぶん違うだろうことはわかります。

 

ハードボイルドな食事・・・。

それは傷ついた男の魂が癒されるウンタラカンタラ。

今日も僕は傷ついてはいない魂と羽を休ませるために、桃屋のやわらぎでご飯をおかわりするのであった。

「マスター。”ごはんですよ”には、まだ早すぎるね」

おわり。

なんつっておかわり。

 

 

[日記] [ハードボイルドというよりただの独り暮らしの男の夜食じゃねえか]

 
Category | 妄想
   20:24 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

口裂け女とオカルト体験 ~ 今夜の俺はオオカミ男

寒い夜なのでほっこりあったまりたいと思い、今日の晩飯はカボチャの味噌汁と、スーパーで買った半額の稲荷寿司。カボチャの甘みがなんともたまりませんなあ。

汁物と稲荷寿司の相性は異常なほど合うんですが、こう味噌汁といっしょに稲荷を食ってるとなんだか日本人!って感じがしてくるから不思議。冷蔵庫にあった菊水なんかを一緒にあければ気分は何故か池波正太郎ですな。ああ、菜飯が食いたくなってきた・・・。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

そういえば今夜は見事な三日月。

スーパーに夕食を買いに出かけたら、夜の空にまるでニタリと笑ってるような月が出てたので少し不気味に思いつつも風情を感じる。

いいね~。

雲のかかる具合といいなにやら怪異に遭いそうな夜だぜ。

しかし東京の夜は明るいのでイマイチ雰囲気が出ねえなあ。これが実家の長野だったら今の時間なんてマジもんの暗闇包まれた山道なのに。狸やら狐やらが出てきそうな雰囲気なのですが。

 

うちのBlogもタイトルを「百物語おかわり。」なんてしてるんだから、ちょっとは怖い話やら体験やらを書かねばと思ってるんですが、未だ怪異は我が手中にあらざるや。

早く読んでる皆さんを恐怖のズンドコに陥らせるような不気味な体験をしてみたいです。(なんて言ってる時点で怪談blogとしては失敗か!?)

もうこうなったら捏造してしまおうかしら、恐怖体験。

 

 

あれだ、さっき夜道を歩いてたら大きなマスクをつけた女の人が立ってたんですが、別に気にもせず通り過ぎようとしたら急にこちらを振り向いて「私、キレイ?」と、そう言いながらマスクを外したその顔は耳まで裂けた真っ赤な口が不気味に輝いて。

しかしそこで俺は何も言わず、ただ黙って彼女を抱きしめ熱い口付けを交わしたんだ。

え・・・、え!!???、と戸惑う彼女の髪に優しく触れながらクールな俺は一言。

 

「今夜の三日月だって君の美しさには裸足で逃げ出すさベイビー。一体どこのビーナスが空から降りてきたのかと思ったよ。今宵の君は美しい青い鳥。そして僕の腕は君を逃がさない鳥かごなのさ」

 

顔を赤らめながらそっと俺の体を抱きしめ返す彼女の体温を感じながら俺は月を見上げたんだ。

ヒュー、今夜はホットな夜になりそうだぜ!

 

 

[日記] [(俺の頭が)オカルト]

 
Category | 妄想
   20:49 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

ミステリーにおける死亡フラグの回避方法についての考察

 ベタな死亡フラグの法則 (ChakuWiki

あるある!という感じですが。

あと

「ぼくはトミタケ。フリーのカメラマンさ!」

も立派な死亡フラグだと思うこの頃。

 

 

しかし何気ない危険は常に日常に潜んでます。

例えばミステリー系。

 

もし、孤島に出かけて嵐で帰りの船が出なくなったら?

もし、雪山のペンションに泊まって吹雪で帰れなくなったら?

もし、天才建築家が作った変な館に行くことになったら?

 

どれも普通に生きてたら誰にでも起こりうることです。本当です

生き残るためにも、情報と知識を仕入れ、準備と心構えをしなくてはなりません。

 

 

大事なのはフラグを立てないこと。

ベタな死亡フラグの法則のページにもありましたが、

「殺人犯がこの中にいるかもしれないのに、こんなところにいられるか!ワシは自分の部屋に戻らせてもらう!」

なんて発言をすれば100%死にますので、注意が必要です。

殺人のあった現場にひとりでのこのこ出かけていき、誰も気付いていない証拠に気がつくのも危険度・大です! 絶対にやってはいけません。たぶん証拠を見つけた瞬間に後ろから鈍器で殴られる運命にあいます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ミステリーにおける安全ポジションといえば、まず思いつくのが名探偵役でしょうか。なにしろ事件を解かねばならない立場の人間なので、殺されてしまっては物語が終わってしまうというものです。

その点で名探偵役は事件の終わり、その後のエピローグまで出ることが出来る、安全なポジションといえるでしょう。

ただし問題点が幾つか。

 

 

1.名探偵役にはそもそも並外れた推理力をもった人物でなければならない。かつ性格・人格に問題があるとなおよい

2.よしんば推理力があり適度に変人であるとして、まんまと名探偵ポジションについても、他の登場人物の中で更に推理力があって更に変人である人物がいる場合、名探偵役は彼に委譲され、自身は”かませ犬役”として、適当な証拠を捕まえた段階で犯人に殺される可能性が高い。

 

 

1.も相当ハードルが高いですが、問題は2.ですね。こーなった場合ただの登場人物よりも死亡率が格段にアップするので、生半可な覚悟でこのポジションに挑まない方がいいでしょう。

 

 

そこでrabitbikeさんのおすすめはズバリ! ”名探偵の助手”ポジション、いわゆるワトソン役です。

このポジションは自分に推理力や変態的な性格がなくてもなることが出来ます。

むしろ頭は凡人かあるいは並以下、性格的には小市民の平凡な常識人であることが望ましいですからね。

登場人物の中に奇矯な行動をしたり、「ちょっと待ってください。この死体には不自然な箇所がいくつもある!」などとKYな発言を繰り返す人物がいたら、すかさず擦り寄って「それはどういう意味だい? どう見ても自殺じゃないか」などと挑発しましょう。

名探偵役は「この愚か者め」という感じの視線をくれてから、滔々と自分の推理を長々と発表し始めますから。

そこで余計な茶々や、もうその話には飽きたよ的な態度をとってはいけません。

話の内容を理解できなくても「なんだって! これは殺人事件だったのか!」などと大げさに驚いてください。リアクションがオーバーであればあるほど喜ばれます。

そうなるとしめたもの。あなたのオーバーリアクションが気に入った探偵はどこへ行くにもあなたをつれて、推理をしまくります。

名探偵役と一緒にいる間はあなたが殺される危険性はかなり減るので、これで一安心ですね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇

 

様々な危険が潜む現代社会において、このように死亡フラグを回避することはとても重要な自衛策です。自分の命は自分で守らなければ。

いつ、何時、狂気に満ちた殺人犯の手によって、湖に逆さまにつっこまれたり、マザーグースの歌の内容どおりに殺されるか分かったものではありません。

むしろ殺されるなら、やたらと凝ったダイイングメッセージを残して、探偵役や警察やらに「これはどういう意味だろう」等と無駄に頭を捻らせたいものです。

 

死亡フラグの回避について重要性はご理解いただけたところで本日の講義は終わりにしたいと思います。

それにしても、さっきから外が騒がしいな。ちょっと見てくるよ。

(犬が吠える声と不穏なBGM)

 

 

 

[rabitbike先生の講義シリーズ] [待て、それも死亡フラグ]

 
Category | 妄想
   20:34 | Trackback:0 | Comment:2 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。