QLOOKアクセス解析
 
 
 
 
 
 
 
そこまでよ!!全員、銃を捨てて自分が考える最もセクシーなポーズで両手をあげなさい! 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Category | スポンサー広告
   --:-- | 
 
 
 
 
 

VS JOJO第1弾! 上遠野浩平「恥知らずのパープルヘイズ」感想 フーゴさんは読んでて泣けるキャラ。

purple_haze_0001a.jpg
 
これはすごく面白かった!!
 
第5部完結後の、ジョルノが組織のボスとなった半年後を舞台にした”裏切り者”フーゴの物語。
あの桟橋でブチャラティたちと別れてから、組織にも戻らず距離を置いていたフーゴを呼び出したのは、今や組織のNo.3となったかつての仲間ミスタ。
ミスタはフーゴに告げる。「忠誠を誓うための資格を得るには”証明”しなければならない」
そしてフーゴに言い渡された任務、それは旧<パッショーネ>の負の遺産である「麻薬チーム」の暗殺。
果たしてフーゴが辿る運命とは―。
 
というのが導入部なんですが、ちょっとだけ読むつもりで始めたら、ページを捲る手が止まらなくなって読みふけってしまいました。
 
VS JOJO第1弾!! と銘打たれたジョジョノベライズシリーズの第1弾ですが、第0弾とも言うべき乙一の「THE BOOK」があるので実質的には2弾目ともいえます。有名作家によるジョジョトリビュートは、この後も西尾維新、そして舞城王太郎という変わらず「濃い」メンツが手ぐすねひいて待ってますが、舞城王太郎が予測不能すぎる…。でもたぶん舞城はいつもの舞城でやってくれるでしょう。だから安心だね!何が安心なんだ。
 
VS JOJOシリーズのニュースを聞いた際、第1弾が上遠野浩平ということを聞いて「マジかよッ!!」と一瞬驚いた後すごく納得した覚えがありますが、もともとインタビューでもジョジョの影響を語っていたり、ブギーポップシリーズからして「ジョジョ大好きなんだろうなあ」というジョジョ愛にあふれた作者だったので、ラインナップに加わるのは当然といったところか。
 
で、肝心の本の感想ですが、これは本当に面白かった。
名前が可愛いでおなじみの第5部途中離脱キャラクター、パンナコッタ・フーゴ。
途中で離脱したのは荒木先生も言ってましたがスタンドが強すぎてバランスブレイカーだった、という作劇上の理由もありましたが、上遠野浩平は「なぜ、ついていかなかったのか」を掘り下げ、フーゴというキャラに新しい魅力を付与したように見えます。
「掘り下げ」「解釈」、特にこのノベライズではフーゴの解釈が素晴らしく良くて、かつての仲間たちを思い出すフーゴの視線はそれとは知らず凄く温かくて泣きそうになる。
 
また、敵となる麻薬チームと、フーゴと一緒にその麻薬チームを追う新しい仲間の描写もかっこいい。ノベライズなんですけど、一言で言えば「すごくジョジョしてる」って感じでした。
上遠野浩平成分と、ジョジョ成分がうまいこと混ざり合ってて特に違和感もなく、何というかすごいジョジョなんですよ。そんな感じ。上遠野先生が熱烈なジョジョファンということもあって散りばめられた小ネタにも吹きます。ヴォルペのお兄さんがあの人ってお前。まさかイタリアネタからそこへ引っ張るとは…。
 
乙一の「THE BOOK」は、億泰が頭いいなんて!!と読者を驚愕させた超頭脳戦バトルが見物でしたが、上遠野先生の方は回想やフーゴの想いで泣かせにきてる感じ? 第5部を読んでブチャラティチームが好き好き大好きになった人にはたまらないかも。少なくとも俺は泣いた。
スタンドバトルもケレン味たっぷりで、敵のスタンドがどれも初見キラーな超凶悪なやつばっかりでジョジョ本編に負けず劣らず。しかしそれに立ち向かうフーゴもかっこよかったなあ…。「覚悟」には泣いた。ブチャラティの精神だよなあ、あれ。
 
最後も圧倒的に爽やかな終わり方でよかったです。
第5部読んだ人って、わりとその後のフーゴの行く末が気になる人が多いと思うんですが、ちゃんとここで救済されてよかった。それにしてもジョルノは強キャラだ。
 
 
上でも書きましたが、VS JOJOシリーズはこの後、西尾維新、舞城王太郎というラインナップが並んで目が離せない感じになってますね。上遠野浩平が「正統派」ジョジョを書いたとしたら、西尾維新である種の「パロディ」を書き、舞城王太郎で「ぶっ壊す」というラインナップに読めなくもないシリーズなので、編集者も意図してやってるんだろう。
それぞれの作家が今度はどういうノベライズをするのか気になりますが、舞城王太郎はたぶん福井弁を使うキャラが出てきて、見立て殺人とか大暴れとかするんだろな、というのは何となくわかる。JDCトリビュートからしてそうだったモン!! いや、舞城王太郎も西尾維新も大好きなんですごい楽しみにしてるんですけどね。
 
最後に今回のスタンドの元ネタになった曲を貼ってみる。
今回出てくるスタンドが全てジミヘンの曲が元ネタなのは麻薬との関連を匂わせたものなのかなー、と思いました。フーゴのスタンドがパープル・ヘイズだったのも勿論あるけど。
 
フーゴのスタンド
Jimi Hendrix - Purple Haze

 
 
シーラ・Eのスタンド
Jimi Hendrix - Voodoo Child

 
 
ムーロロのスタンド
Jimi Hendrix - All Along The Watchtower

 
 
ヴォルペのスタンド
Jimi Hendrix - Manic Depression

 
 
カコキのスタンド
Jimi Hendrix - Rainy Day, Dream Away

 
 
アッタナシオのスタンド
Jimi Hendrix - Night Bird Flying

 
 
ビットリオのスタンド
Jimi Hendrix- Dolly Dagger
スポンサーサイト
 
Category | 読書
   23:59 | Trackback:0 | Comment:6 | 
 
 
 
 
 

【西尾維新/囮物語】撫子のことラスボスって言ったヤツ出てこいよ!!うわぁ!!ホントにラスボスだぁ!!!

otori_monogatari_a.jpg
 
ラスボスラスボス言われてはいたが、本当の意味でラスボス化するやつがあるか!!
 
(以下ネタバレあり。注意)
 
Category | 読書
   18:55 | Trackback:0 | Comment:6 | 
 
 
 
 
 

【魔術士オーフェン】グロ魔術士殿!!ニュースですぞ!

人気ライトノベル「魔術士オーフェン」、新シリーズが秋からスタート - GIGAZINE
 
 
                       _,.>
                   r "
      マジで!?       \    _
                    r-''ニl::::/,ニ二 ーー-- __
                 .,/: :// o l !/ /o l.}: : : : : : :`:ヽ 、
                  /:,.-ーl { ゙-"ノノl l. ゙ ‐゙ノノ,,,_: : : : : : : : : :ヽ、
              ゝ、,,ヽ /;;;;;;;;;;リ゙‐'ー=" _゛ =、: : : : : : : :ヽ、
              /  _________`゙ `'-- ヾ_____--⌒     `-: : : : : : : :
...-''"│    ∧  .ヽ.  ________   /   ____ ---‐‐‐ーー    \: : : : :
    !   /   .ヽ  ゙,ゝ、      /  ________rー''" ̄''ー、    `、: : :
    .l./     V   `'''ー-、__/__r-‐''"゛     ̄ ̄   \   ゙l: : :
                   l     .,.. -、、 _ ‐''''''''-、    l   !: :
                  |   /    .| .!     `'、  |   l: :
                      l   |     .l,,ノ     |  !   !: :
                       / '゙‐'''''ヽ、 .,,,.. -''''''''^^'''-、/  l   !: :
             r―- ..__l___    `´            l   /   /: :
                \      `゙^''''''―- ..______/_/   /: : :
 
 
 
2011年今のところ一番驚いたランキング1位更新だよ、もう!
 
リンク先には草河先生書き下ろしと見られるイメージイラストも。
これはオーフェン3姉妹なんでしょうか…? だとすると秋田禎信BOXに書き下ろされた「約束の地で」、「魔王の娘の師匠」とかの、本編から20年後の新大陸での話がメインになったりするのかなー。
BOXのあとがきでは、西部編以降の、構想も語られてたりしたけど…。

・クリーオウを主人公に据え、新世界でのイザコザや神人種族との邂逅を書いた第3部。
・帰ってきた女神と決着をつける第4部。

うーむ、どんな展開になるんだろう。
 
あと気になるのは、各キャラのビジュアルですねー。
20年後って言ったらオーフェン40才ですぜ。BOXではオーフェン(40)のビジュアルは描かれていなかったので、この新シリーズで描かれたりしないかなーなんてちょっと期待。
でも魔王(笑)はあんまり老けなさそうですね。
本編でのビジュアルに皺が一本とちょっと白髪入ってる感じだったりして。でもさすがにもう革ジャンは着てないですよね、あとバンダナ。
 
今日はこのニュースを見て仕事の疲れとか諸々が吹き飛んでしまった。
春には先行として、書き下ろしの短編がついた冊子が全国の書店で配布されるらしいです。うおー!!テンション上がってきたぜー!!!
楽しみ!!
 
【参考】秋田禎信BOX 魔術士オーフェンはぐれ旅の感想
 
Category | 読書
   22:14 | Trackback:0 | Comment:4 | 
 
 
 
 
 

文藝別冊 [総特集]伊坂幸太郎 感想

P1050510a.jpg
  
伊坂幸太郎特集のムックを買ったんですが、これが充実した内容でかなり面白かったです。
伊坂先生本人が語る創作術の秘密から、担当編集者による全作品解説まであってかなり盛りだくさんの内容。
 
特に伊坂幸太郎×斉藤和義(!)×中村義洋(映画監督)の座談会は、メンツが豪華すぎて目眩がしてきたし。斉藤和義ってお前、斉藤和義だぞ!? 映画やら何やらを介して何かと絡むことのある3名ですが、フィールドの違う才能がそれぞれ刺激を与え合っている様子がわかります。傍から見てても凄みがありますね。
 
P1050511a.jpg
 
さらに、伊坂幸太郎オリジナル原作で現在ゲッサンにて「waltz」を執筆中の大須賀めぐみ先生も、2Pの漫画を寄稿。初っ端から(ありがたくない)セクシービキニ披露する先生吹いた。
内容としては大須賀先生が語る、伊坂幸太郎の「言葉に対するこだわり」や、waltz制作の裏話が載ってたりして、ファンにはかなり興味深い内容ですね。おすすめ。
 
さらに「SARU」を執筆した五十嵐大介も2Pの漫画も載ってたり。
考えてみると伊坂幸太郎って映画に漫画に、果てはミュージシャンとのコラボまで、すごい多ジャンルにわたって仕事をしている作家ですよねー。ストーリーテラーとして、あるいは作家としての才能もそうだけど、芯にぶれないものがあるから、どんな仕事をしても「伊坂幸太郎」としての軸が歪んだりしないのだろうな、と思う。
 
冒頭に収録された書き下ろし短編「クリスマスを探偵と」もすごくよかった。
伊坂作品の読後感って、いいですよね。爽やかだ。
 
Category | 読書
   22:40 | Trackback:0 | Comment:0 | 
 
 
 
 
 

【俺の妹がこんなに可愛いわけがない】原作1~7巻を買う

P1050439a.jpg
 
アニメの方が面白くて、電撃文庫の原作を全巻購入。
面白くてイッキ読みしてしまいました。
 
原作からわりと改変されてたり順番がシャッフルされてたりするんですねえ<俺妹。
アニメだとフェイトちゃんがそんなにクズに見えないという…。
アニメ版のフェイトさんは割とまともだけど、原作フェイトさんはクズ可愛いですね。屑なフェイトさんの何がいいって、生活費なくなって女子中学生に金借りるあたりがもうどうしようもない感じが出ててダメ可愛い。終わってるじゃんッ!!
  
個人的な感想としては4巻あたりから兄貴が覚醒しはじめた途端、更に面白くなったと感じる。
一巻時点だとわりとマトモ、っていうか逆にいうと隙が少なくて面白みに欠ける京介氏だったのに、巻が進んでバジーナの仕掛けたコスプレ変態調教にドハマリするとはさすがの俺も思わなかったぜ!(一部表現に誇張あり)
 
しかし桐乃の好感度はこれ最初っからMAXなの?近親相姦バッチコイの頭かわいそうな子なの?
兄貴を咥えた黒猫、おっかけて、裸足で駆けてく刃傷沙汰なの?
きりりん氏の、京介にたいする感情がたまにレッドゾーンに突入しそうになってるし、怖い子だぜー。なんというか可愛いですよね。わりとしっかりしてるくせに、お兄ちゃんのことになると隠してた幼児性が露になって手も付けられなくなるようなところとか。
 
 
京介と黒猫がゲーム部に入部した5巻あたりからキャラも増えてさらに賑やかになる日常。
なるほど、こりゃヒットするわけだ。面白いもん。
特に5~7巻辺りの黒猫の可愛さはマジ神。神がかってる。
京介とのフラグ立てについて、まとめがあったけど確かにここまでされたらオチるわなあ…。

 【俺の妹がこんなに可愛いわけがない】京介の黒猫に対するフラグ立て集 - かくれオタのブログ
※ネタバレ注意
 
久々にラノベイッキ読みしました。
しかしこれは次が気になる終わり方だぜ…。
 
Category | 読書
   16:38 | Trackback:0 | Comment:3 | 
 
 
 
 
プロフィール
 
 

rabitbike

名前 rabitbike
東京在住

 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
最新記事
 
 
 
 
メールフォーム
 
 

name:
mail:
title:
text:

 
 
RSSリンクの表示
 
 
 
 
QRコード
 
 
QRコード
 
 
リンク
 
 
リンクは御自由にどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。